資料請求 REQUEST

オープンキャンパス OPEN CAMPUS

459のわ

ここでは四国医療専門学校の在校生と卒業生にスポットをあて、学校生活や現在のお仕事の話や学生時代の思い出などを語ってもらいます。毎月決められたテーマで在校生や卒業生からのメッセージもあります!

今月の在校生または卒業生

作業療法学科

八木 洋樹
八木 洋樹
平成28年度卒業
株式会社 創心會 勤務
テーマ:『作業療法士になって良かった』
四国医療専門学校に入学した当初は、将来について漠然としており、作業療法についても理解できておりませんでした。同級生との勉強や実習での経験を重ね、作業療法の面白さや楽しさを学ぶことができました。学校で学んだことが、今の自分の基盤となっています。

四国医療専門学校を卒業後、株式会社創心會に入社し、まずは岡山県で訪問でのリハビリテーション業務を担当しておりました。5年目となった現在は、地元である香川県に戻り、高松市にある事業所にて、訪問リハビリテーションとデイサービスでのリハビリテーションとを兼務しております。最初、訪問という現場に興味を持ったのは、臨床実習がきっかけでした。当初、将来が漠然としていた自分にとって、対象者様と深く関わり、在宅という環境にて直接支援を行う訪問でのリハビリテーションは、驚くことが多かったです。自分も訪問での作業療法を行ないたいと思い、就職を決意しました。


在宅支援では、対象者様にとって大切な場所でその方らしく過ごすことを目標に支援していきます。私は在宅支援の奥深さに魅力を感じています。支援を行っていく中で、目標としていた作業ができるようになり、対象者様やご家族様が喜ばれている姿を見ると、自分も喜びを感じます。そして、「作業療法士になって良かった」と心から感じます。
まだまだ未熟ではありますが、対象者様や地域の方々の居場所や役割作りを事業所として担っていけるように、一生懸命取り組んでいきます。


2021年5月