資料請求 REQUEST

オープンキャンパス OPEN CAMPUS

459のわ

ここでは四国医療専門学校の在校生と卒業生にスポットをあて、学校生活や現在のお仕事の話や学生時代の思い出などを語ってもらいます。毎月決められたテーマで在校生や卒業生からのメッセージもあります!

今月の在校生または卒業生

看護学科

山原 真実
山原 真実
平成28年度入学
テーマ:『基礎看護学実習Ⅱを終えて』
今回の実習では初めて患者様を受け持ち、ケアを実施しました。入院している患者様の個別性に注目し、QOL(生活の質)を重視しながら看護計画を立てることは大変でした。その分「ありがとう」と笑顔で言ってくださったときには本当にうれしかったです。

私は看護学生ですが2児の母でもあり、学校と家事育児で毎日あわただしく過ごしています。家では子どもとしっかりと向き合えるよう、ほんの少し早めに登校して予習や復習をしたり休み時間に先生に質問したりと学校での学習を大切にしています。


看護の勉強は専門的で覚えることも多いです。授業を大切にするのはもちろん、自己学習でも「なぜこうなるのか」という根拠を考えながら進めるようにするとほかの授業で習ったことが後でつながることがあり、とても面白いです。「なるほど!」と感じた瞬間のうれしさや毎日の学習で少しずつ知識が増えていく実感が家事育児と両立しながら学ぶ原動力になっています。
もちろんテストが続いたり、実習の記録があったりと大変なこともあります。しかし年齢は違いますが、「看護師になる」という同じ目標を持つクラスメートと話をしたり勉強を教えあったりする毎日は、とても楽しく充実しています。


2017年12月