資料請求 REQUEST

オープンキャンパス OPEN CAMPUS

459のわ

ここでは四国医療専門学校の在校生と卒業生にスポットをあて、学校生活や現在のお仕事の話や学生時代の思い出などを語ってもらいます。毎月決められたテーマで在校生や卒業生からのメッセージもあります!

今月の在校生または卒業生

柔道整復学科

堀内 良子
堀内 良子
平成29年度1部卒業
有限会社 松山鍼灸整骨院 勤務
テーマ:『柔道整復師としての自分』
柔道整復師の国家試験に合格してから、柔道整復師としての人生がスタートしました。3年間学んできた知識やゼミで覚えた技術を、実際に患者様の治療に活かせるという事にとてもやりがいを感じ、嬉しく思っています。まだまだスタートしたばかりなので、自分の描いている夢には遠いですが、1歩1歩学校で学んだこと、現場で学んだことを自分の力にして頑張ります!

社会人1年目として、いろんな患者様と接していると、毎日覚えることで精一杯でも楽しいと思えてくるようになりました。保険のことや言葉遣い、特に、事務関係は最初から理解するのは難しく、何度も間違えてしまうこともありましたが、周りの支えや勉強会で教えていただいたおかげで理解できました。もっと保険について、国試対策での勉強ではなく、臨床的な考えで学んでおけば良かったなと思います。


が働いているところは鍼灸整骨院ですので、鍼灸師の先生の考え方と柔道整復師の先生の考え方の両方を学べて、自分なりの新しい道が開けたような気がして、毎回勉強会が楽しみになりました。事故や急性外傷など様々な患者様に出逢えて、自分の引き出しも増えたように思います。患者様から聞く「ありがとう」がこんなに力になるのかと改めて知り、もっと勉強や経験を積んで、更なる高みへ、もっと「ありがとう」を言ってもらえるように、まだまだ頑張ろうと思います。
資格を取るまでに何度も壁にぶつかり、時には泣いてしまいそうになりながら学んだ四国医療での3年間は、決して無駄ではなかったと私は思います。


2018年5月