資料請求 REQUEST

オープンキャンパス OPEN CAMPUS

459のわ

ここでは四国医療専門学校の在校生と卒業生にスポットをあて、学校生活や現在のお仕事の話や学生時代の思い出などを語ってもらいます。毎月決められたテーマで在校生や卒業生からのメッセージもあります!

今月の在校生または卒業生

スポーツ医療学科

岩井 克樹
岩井 克樹
平成31年度(令和元年度)卒業
理学療法学科 3年在籍
テーマ:『一流のスポーツトレーナーを目指して』
私は、高校生の時にケガをしてしまったことがきっかけで、理学療法士とアスレティックトレーナーを持ち合わせた一流のスポーツトレーナーになりたいと決意しました。

 私は高校生の時サッカー部に所属していましたが、重度の足関節捻挫を起こしてしまい、治療のために通院するようになりました。この際、病院では理学療法士の方にリハビリテーションを、チームではアスレティックトレーナーの方にアスレティックリハビリテーションや再発予防トレーニングを指導していただきました。そこから私は、理学療法士とアスレティックトレーナーの仕事に興味を持ち、四国医療専門学校の理学療法学科とスポーツ医療学科に同時に入学することを決めました。


 入学してからは併修のため勉強が大変でしたが、スポーツ医療学科では日本中や海外で活躍されている先生方の講義を受けることができ、ますますスポーツトレーナーとして活躍したいと思うようになりました。スポーツ医療学科は夜間部のため併修がしやすいという特徴があり、鍼灸マッサージ学科や柔道整復学科に在籍している学生も多数いたので、様々な観点からの意見や考え方を聞くことができました。
 何事も一流になるためには様々なことを知る必要があると思います。現在はスポーツ医療学科を卒業し、理学療法学科のみに在籍していますが、スポーツ医療学科で2年間学んだことを糧に一流のスポーツトレーナーを目指して頑張りたいです。


2020年7月