資料請求 REQUEST

オープンキャンパス OPEN CAMPUS

459のわ

ここでは四国医療専門学校の在校生と卒業生にスポットをあて、学校生活や現在のお仕事の話や学生時代の思い出などを語ってもらいます。毎月決められたテーマで在校生や卒業生からのメッセージもあります!

今月の在校生または卒業生

柔道整復学科

長﨑 由依
長﨑 由依
令和2年度1部入学
テーマ:『私の野望』
私は中学・高校とソフトテニス部に所属し、毎日練習に励んできました。中学生の時に部活の練習中に足首をケガし、接骨院に行き治療をしてもらいました。その際に、ケガによりスポーツができないことを非常につらく感じ、将来はスポーツに携わる仕事がしたいと思い始め、柔道整復学科に入学して現在2年生でがんばっています。

 私は幼い頃からスポーツが大好きでスポーツに関わる仕事がしたいと考えていました。そんな私が柔道整復師を目指そうと考え始めたのは、高校生の時です。それまではというと、中学生の頃から接骨院で治療を受けてはいましたが、トレーナーの資格だけを将来取得しようと考えていました。しかし、高校時代の部活中のケガをきっかけに、ケガの予防だけでなく治療のできるトレーナーになりたいと思い始めました。


 将来を考える際、トレーニング指導者の資格も取れる四国医療専門学校 柔道整復学科の存在を知り、入学を決めました。授業では柔道整復に関する知識・技術に加えて、トレーナーとして必要な知識も深めることができるものもあり、とてもやりがいを感じています。勉強をするのはとても大変ですが、友達と協力し日々頑張っています。将来は柔道整復師として、またトレーナーとして活躍をしていきたいです。


2021年4月