資料請求 REQUEST

オープンキャンパス OPEN CAMPUS

459のわ

ここでは四国医療専門学校の在校生と卒業生にスポットをあて、学校生活や現在のお仕事の話や学生時代の思い出などを語ってもらいます。毎月決められたテーマで在校生や卒業生からのメッセージもあります!

今月の在校生または卒業生

柔道整復学科

北川 舞奈
北川 舞奈
平成28年度1部入学
テーマ:『柔道がもたらしてくれた出会い』
柔道をきっかけに今まで関わり合いのなかった先輩、後輩とコミュニケーションが取ることができ、たくさんの人と関わりをもつ機会ができました。また本格的に柔道を始め、柔道の楽しさや深みを知る事ができました。今の目標は来年の全国大会でチームに貢献することです。

 高校時代は陸上部に所属し、柔道というスポーツに触れることのない生活を送っていました。しかし高校時代、陸上で怪我をすることが多く接骨院に通ううち、柔道整復師という資格について知り、その道に進むため専門学校に入学しました。
 入学当初は初めてのことが多く、周りの人ともコミュニケーションが取れないでいました。
 そんな時、学科長の誘いで柔道部と出会いました。


 柔道の経験は専門学校に入ってからの週1コマの授業のみ。柔道部でやっていけるか不安でしたが、周りの先輩や後輩が基本から丁寧に教えてくれ、夏には全国大会の会場となる東京武道館で選手として立っていました。
 私自身、初めての団体戦で肩のケガ(脱臼)にも見舞われ、女子はベスト8となり、優勝はできませんでしたが、チームで協力し無事に終える事が出来ました。(男子は3部準優勝)3年生も大会を機に引退し、国家試験に向かって日々勉強を頑張っています。
 肩の怪我を早く治して、来年こそは3年生のように後輩を引っ張りたいと思っています。


2017年10月