資料請求 REQUEST

オープンキャンパス OPEN CAMPUS

459のわ

ここでは四国医療専門学校の在校生と卒業生にスポットをあて、学校生活や現在のお仕事の話や学生時代の思い出などを語ってもらいます。毎月決められたテーマで在校生や卒業生からのメッセージもあります!

今月の在校生または卒業生

鍼灸マッサージ学科・鍼灸学科

植野 龍雄
植野 龍雄
平成29年度 鍼灸学科1部入学
テーマ:『三代目(予定)』
私の祖父と父は鍼灸師で、私が小さい頃から治療をしてくれましたが、私自身は昔からシステムエンジニアかプログラマーになりたかったので、鍼灸師になろうとは思っていませんでした。しかし、高校2年の時に祖父が病気で亡くなりました。その時自分は「三代目になろう」と決意しました。

学校に入学する前は、東洋医学のことばかりで西洋医学はあまり勉強しないのかと思っていました。しかし、入学してからは両方しっかり勉強をやらないといけないし、授業時間が今までより長いので最初は全然慣れませんでした。でも勉強していくうちに、テレビなどで医療番組を視聴していると、「これはあのことかな?」と少しずつ理解できるようになり楽しくなっていきました。


2年生になり母が、歯が痛いと歯医者に行き原因が分からず抜歯をしました。しばらく痛みは治まっていましたが、また痛みが再発して色々な歯医者に行っていました。しかし原因が分かりませんでした。そこで父は三叉神経痛だろうと考え、私に「お前がツボを選んでみなさい」と言いました。今までの知識をフルに使ってツボを選び、治療したらすぐに痛みが引きました。自分の習った知識が活かせられたのでとても嬉しかったです。


入学してから2年が過ぎようとしていますが、3年生になったら臨床実習が始まるので広い視野を持って治療していきたいと思っています。そのために勉強をして、しっかりと知識をつけて実技の精度を上げていきたいです。また国家試験に合格してやっとスタートラインに立てると思っています。だから就職しても勉強はやめず色々な経験をして、ゆくゆくは、父の後を継いでテーマにある「(予定)」が外れるように頑張ります!


2019年3月