資料請求 REQUEST

オープンキャンパス OPEN CAMPUS

459のわ

ここでは四国医療専門学校の在校生と卒業生にスポットをあて、学校生活や現在のお仕事の話や学生時代の思い出などを語ってもらいます。毎月決められたテーマで在校生や卒業生からのメッセージもあります!

今月の在校生または卒業生

理学療法学科

尾藤 由子
尾藤 由子
平成24年度卒業
おさか脳神経外科病院
テーマ:『学生生活で今、活かされること』
勉強の仕方、人との関わり方、個性の活かし方、目標の作り方など、この学校でたくさん学び、学生時代の経験は、卒業して6年経った今でも仕事やプライベートで活かされています。

理学療法士は、卒業してからも患者様のため、自分のために勉強が必要です。勉強会や研修会などに参加して、常に自分の知識を磨いています。また患者様や先生、先輩、同期、後輩との良好な人間関係を築くために礼儀や人との接し方、言葉遣いに気を付けコミュニケーションをとることが重要です。相手の気持ちを察して行動できるように心がけています。このような、理学療法士や社会人として重要な部分は学校生活で身に付いたと感じています。


私は、学生時代に見つけた自分の趣味を社会人になった今も、リフレッシュや息抜きとして続けています。
みなさんも学校でたくさんの事を経験して将来に活かして下さい。


2018年9月