ホーム › スポーツを医療で支える

スポーツを医療で支える

四国医療専門学校は、地域スポーツクラブチームや高等学校部活動を支援しています。

四国医療専門学校は「スポーツを医療で支える」をテーマに地元香川県のプロスポーツチームや高校の運動部などに対して支援を行っています。
アスレティックトレーナーを育成しているスポーツ医療学科では2016年リオデジャネイロパラリンピックや国体にトレーナーとしてサポートを行う卒業生を輩出しています。
また、スポーツトレーナーに興味のある学生が所属するサークル「トレーナークラブ」を中心に様々なスポーツ現場でのサポートを行っています。

カマタマーレ讃岐

カマタマーレ讃岐

香川県のJ2プロサッカーチーム。本校卒業生がトレーナーとして活動しており、 スポーツ医療学科の現場実習先としても協定を結んでいます。

香川オリーブガイナーズ

香川オリーブガイナーズ

四国アイランドリーグの強豪チーム。本校卒業生がトレーナーとして活動しており、「トレーナークラブ」も公式戦でサポートしている。

和旗高校柔道大会

和旗高校柔道大会

全国の高校の強豪校が集まる四国医療専門学校杯の柔道大会。大会当日は柔道整復学科教員や学生が救護ブースでサポート。

丸亀ハーフマラソン

丸亀ハーフマラソン

毎年強豪アスリートが出場する国際大会。本校では選手村にて鍼灸マッサージ学科・鍼灸学科の教員がサポート。