資料請求 REQUEST

オープンキャンパス OPEN CAMPUS

Media Information

「癒しのツボ」放送

【RNCラジオ】
(第2土曜日 AM 8:45~AM 8:55)
12月…9日(土)

<番組タイトル>波のりラジオWeek End Fever


鍼灸マッサージ学科・鍼灸学科の大麻陽子 副学校長が担当しているコーナーです。


12月の「癒しのツボ」は・・・

12月のテーマは、現在思案中ですsign03

お楽しみに~happy01paperxmas

11月の放送内容

「秋の養生法 第2弾」


10月に引き続き「乾燥」についてお話ししますsign01

maple秋の体の不調は乾燥にあったsign02東洋医学の原点から見た秋の不調の予防と改善について

秋は縮んでいく季節sign02 黄帝内経という東洋医学の本では、秋は収斂(しゅうれん)の季節とあります。収斂というと聞きなれない言葉ですが、簡単に言えば縮んでいくということ。春に芽吹き、夏に花が開き、秋に実をつけて、冬に枯れつつ、次の春に芽吹いてくように・・・bud一年の流れの中で自然のサイクルというものがあってそれに逆らわず、一日・一年・一生という流れの中で、順応に過ごしていくことが理想であり、その時期、その時期に即した養生というのが、やっぱり必要なのですconfident

東洋医学、陰陽五行では、秋はがダメージを受けやすいとされています。

ただ、単純に肺という臓器だけのことではありません。東洋医学、陰陽五行でいうところの肺とは、その臓器だけにとどまらず、空気を取り入れる鼻や口や喉など呼吸器全般の作用を示しています。たとえば、風邪のときって、喉や鼻まで痛くなったり痒くなったり、痰や鼻水も出てきますね。肺は生きている間休むことなく、膨らんでは縮んでという運動を繰り返しています。この相反する肺の働きを「宣発作用(せんぱつ)」「粛降作用(しゅくこう)」を生んでいます。ややこしい言葉なので簡単に説明しますねwink

宣発作用  肺が縮んだ時に、東洋医学でおなじみの気と水、他にも栄養分や体を守る免疫機能を全身に巡らせる作用

粛降作用  肺が膨らんだ時に、要らなくなった不必要なモノを体の下に降して排泄させていく作用

 

maple秋は三段階に分かれているので、時期にあった適切なケアを。

秋 初秋・中秋・晩秋。初めころはまだ暑さやムシムシとした感じも残りますが、中秋になると気温も湿度も下がり、晩秋ともなると冬の前となり寒さも増します。意外と気温や湿度の上がり下がりも多く、食材の調整、温度調整などにも気を配る必要があります。また、乾燥ということで、髪のパサつきや皮膚の乾きやひび割れ、あかぎれなども起きやすくなってしまいますbearingdown



mapleそんな秋にピッタリの基本養生法

秋に現れる肺や呼吸器へのダメージの源となる乾燥、これに上手く対応すれば、心地よく秋を過ごせ寒い冬に向かって体を整えていくことができます。夏に体は活発になってしまうので、その分、体力や免疫力が秋には落ちた状態になってしまいがち。それらを立て直すのが第一ですwinksign01

mapleまずは体温調節

秋は気温差が秋の中でも、一日の中でもあります。そして、エアコンも入るお店によって寒かったり、逆に暑かったり、湿度も高かったり低かったりもしますので、脱いだり着たり出来る上着を一枚でも羽織れるように準備されることをおススメします。

これで冷えから身を守りつつ、冬の寒さにも徐々に体を慣らしていきましょう。また上着を羽織ることによって、皮膚をある程度乾燥によるダメージを防ぐことができます。なので、ひじや腕の乾燥も気にされる方は、出来ましたら上着は長袖の方がよさそうですね。

maple呼吸器のケア

また、乾燥による呼吸器へのダメージを防ぐためにも、マスクうがいをして体を潤おすようにしましょう。そうすれば、肺や呼吸器は清気を吸い込み濁気を吐き出すという体のバリア機能が充分な働きをしてくれます。

maple食事で体の潤すのも大事sign01

東洋医学では、なるべく旬の食材をとることが大事とされています。なぜかといえば、旬の食材にはその季節にピッタリの栄養があるからなんですよね。例えば栗やクルミや銀杏などは、植物性の油分で体内で乾いた空気による乾燥を防いでくれる効果がありますし、大根や長ネギは辛みがあって、風邪や呼吸器のダメージへの予防に効果的なんです。白いキクラゲ、梨などの白い食材も東洋医学的に良いと言われています。また、カボチャは体を温めたり、さつま芋は気を補って胃を元気にして便秘の解消にもつながります。できる程度で構いませんので、食事の献立選びや仕事帰りに食材を何を買おうかと悩んだときは、ちょっとその時期の旬の食材を調べて、手に取ってみてはいかがでしょうかdeliciousrestaurant

maple気持ちの養生

黄帝内経の素問という本によりますと秋の3か月は「容平」とも言います。

東洋医学において秋は誰しも、もの寂しくなってしまう季節でもあります。普段から体内を潤したり、温める作用のあるオーガニック食材を用いて体のバランスを整えることはもちろん、春と夏の間、外へ向かっていた気持ちをちょっと納めて志を外から内側に向けて肺の気を養い、気持ちをおおらかにして収めてみてはいかがでしょうか。ちょっと歩みを止めて自分をほんのちょっとでも見つめなおして、秋風のようにさらりと過ごされてもいいかもしれませんねconfidentshinenote


バックナンバー