HOME › Media Information › 「癒しのツボ」放送

「癒しのツボ」放送

【RNCラジオ】
(第2土曜日 AM 8:45~AM 8:55)
7月…8日(土)

<番組タイトル>波のりラジオWeek End Fever


鍼灸マッサージ学科・鍼灸学科の大麻陽子 副学校長が担当しているコーナーです。


7月の「癒しのツボ」は・・・

7月のテーマは、現在思案中ですsign03

お楽しみに~happy01paperwave

6月の放送内容

「梅雨時の体調を整える」

ジメジメとした天気の日が多くなるこの時期rain・・・体がだるくて重いと感じる事はありませんかsign02 bearing

梅雨は空気中の湿度が高いため、普段なら知らず知らずのうちに肌から蒸発している水分が なかなか体内から出ていってくれません。東洋医学では「湿邪(しつじゃ)」と呼ばれますが、体に湿気が溜まると、様々な悪影響が表れます。むくみもそのひとつなのです。

  • ・なんとなく体が重い
  • ・だるさが抜けない
  • ・胃腸の調子が悪い
  • ・やたらに眠い
  • ・関節が痛い

これらの症状、梅雨時などの過剰な湿気が体調を悪くさせるのですdownshock

東洋医学では「脾」(消化器系)に影響を及ぼしやすく、気の流れを阻害、胃腸の働きを悪くさせ、老廃物を体に溜め込ませるなどするのもので、体調を崩す原因とされています。 食欲不振や消化不良、下痢、胃の重苦しさ、むくみといったものが特徴的な症状です。

sweat02むくみの原因sweat02

  • ・インスタント食品などの塩分のとりすぎ
  • ・座りっぱなし、立ちっぱなしなど、同じ姿勢で長時間いること
  • ・冷え、血行不良など
  • ・運動不足を含む新陳代謝の低下
  • ・ホルモンの影響
  • ・ビタミン、ミネラル不足

女性は男性より筋肉が少ないので、基礎代謝も少なく、血液も足から心臓に戻りにくいため、 一般的に男性よりも女性のほうが足のむくみの訴えが多いのですfoot


まず、体内の湿気を少なくすること。“水はけの良い状態”をつくることが大切ですsign03

  • one汗をかく・・・適度な運動、半身浴など
  • two水分のとり過ぎ、お酒の飲み過ぎに注意する
  • three体を冷やさない
  • four梅雨の季節におすすめの食材をとる  
    • ・利尿作用のある、小豆、冬瓜、緑茶、アサリ、キュウリ、トマトなど  
    • ・発汗作用のある、ショウガ、ネギ、香菜、シソ、ペパーミントなど。  
    • ・気のめぐりをよくし、イライラやストレスを緩和する作用のある、オクラ、ワカメ、セロリ、ニンニク、クラゲ

 

flair意外sign02むくみには水分補給が◎

実は、むくんでいる時こそ、水分補給が必要ですsign01 というのも、体の水分は、大まかには

「1.動脈」→「2.細胞にしみだす」→「3.静脈やリンパ管に回収される」

というように流れています。むくみ解消のために何よりも大切なのは、1→2→3と、スムーズな水の流れを促してあげること。

むくんでいる時ほど、こまめにお水を飲むようにしましょうsign01むくみが気になるからとお水を控えると、脳は、体が水分不足になっていると勘違いして、ますます流れを停滞させてしまいますbearing

 

flairむくみの「排水口」は、ひざ裏と脚のつけ根sign01

むくみをスッキリ流したい時は、お風呂上りのマッサージを。お気に入りのマッサージ剤(オイルやクリーム)で肌のすべりを良くしてから、体の先端から中央に向かって、むくみを流すように手を動かしましょう。

体の中には「リンパ節」といって、老廃物をろ過して流す、排水口のようなポイントがあります。排水口が詰まっていると、いくら水を流そうとしても、うまく流れません。マッサージの前後に、リンパ節をやや強めにプッシュして、流れを促しましょう。

足のリンパ節は、ひざ裏と足の付け根にあります。手のひらで、グーッと数秒かけて圧迫すると、心地よい刺激にwink

バックナンバー