ホーム › 教育訓練給付金について

教育訓練給付金について

教育訓練給付金とは

働く人が更にキャリアアップを目指して資格等を取得したいと思った時に、これを支援し雇用の安定と、再就職の促進を図ることを目的とした雇用保険の給付制度です。

雇用保険の一般被保険者または一般被保険者であった者(支給要件期間が2年以上のもの、2回目以降に受給する場合は10年以上の者)が、中長期的なキャリア形成に資する専門的・実践的な教育訓練として厚生労働省が指定する講座(以下、「専門実践教育訓練」)を受ける場合、受講費用の4割、資格取得などをして就職に結びついた場合には受講費用の2割が追加支給されることになりました。ただし、年間の給付額は48万円を上限とし、給付期間は原則2年ですが、資格につながる場合は最大3年までで、かつその取得に必要な最短期間となります。

  専門実践教育訓練給付金
対象学科 鍼灸マッサージ学科、鍼灸学科2部、柔道整復学科1部、柔道整復学科2部
金額 年間給付32万円(追加給付を受けた場合は48万円
条件及び申し込み方法等 雇用保険の一般被保険者または一般被保険者であった者(支給要件期間が2年以上のもの、2回目以降に受給する場合は10年以上の者)。
本校の場合、上記の対象学科を受講すると、最大で年間48万円が給付されます。
自身が対象であるかどうかなど、入学前に一度お近くのハローワークにお問い合わせください。
教育訓練給付制度ホームページへ
(別のウインドウが開き、教育訓練給付制度のサイトへ移動します。)

教育訓練給付金対象者チェック

フローチャート

※例外もございますので、詳細はハローワークへお尋ねください。

「教育訓練支援給付金」

訓練給付金の支給対象者のうち、45歳未満の離職者であって、初めて専門実践教育訓練給付金を受けるものに対し、専門実践教育訓練中に、失業の認定を受けた日について、離職前賃金に基づき算出した額(失業給付の日額に相当する額の半額)を2ヶ月ごとに給付される。

詳細は以下の厚生労働省ホームページを参照してください。
厚生労働省ホームページへ(別のウインドウが開き、厚生労働省のサイトへ移動します。)

受給には一定の条件を満たす必要があるため、詳細は最寄りの職業安定所(ハローワーク)にお尋ねください。