資料請求 REQUEST

オープンキャンパス OPEN CAMPUS

学校概要

基本理念

建学の精神 健康のありがたさを知り、
手をもって、伝え広める

教育理念

自律
医療に携わる人として、
自ら学び、考え、行動する
信頼
医療に携わる人として、
仲間から、患者さんから、
社会から信頼を得る
貢献
医療に携わる人として、
人々が健康な生活を
送ることができるために

医療の原点は「手当て」であるといわれています。優しい手の温もりによってお互いの体温を感じ、相手と通じ合うことでもたらされる安らぎや安心感。人と触れ合ってこそ、本来の医療というべき「心からの治療」を行えるものです。これから医療人を目指す人は、病気のみを診るのではなく、人を診ることの大切さを知ってほしい。すなわち、からだの悩みだけでなく、こころの悩みも治して、はじめて患者の「健康」が取り戻せるのです。「健康」は人間の最大の幸福であり、最も尊ぶべきもの。人は心身ともに「健康」な生活を送ることで幸せを感じます。その「健康」に携わることを志す人のために、本校では開校以来「基礎に重点を置いた教育」を心がけています。

また、総合医療の教育機関として、医療に必要な幅広い知識と実践的な医療技術を教授。さらに、身につけた知識や技術を日々進化する医療現場でフレキシブルに発揮できる応用力を育て、時代の変化とともに対応できる柔軟な人間づくりを目指しています。

そして将来、一人ひとりが患者をはじめ、医療の世界の人からも信頼され、社会に貢献できる医療人として、活躍されることを願っています。

沿革

本校は、昭和31年に初代校長 大熊久次郎によって創立され、あん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師の養成施設として多くの医療人を輩出してきました。

平成12年には鍼灸科・柔道整復科も新設し、現在の校名「四国医療専門学校」となりました。一方、1997年(平成9年)には理学療法士・作業療法士を養成する「四国リハビリテーション学院」を開校し、西洋医学の分野での医療人の育成も行ってきました。

そして、平成18年に「四国医療専門学校」と「四国リハビリテーション学院」は統合。更に平成19年に看護学科を、平成21年にスポーツ医療学科を新設し、7学科を有する総合医療専門学校になりました。西洋医学と東洋医学、お互いの優れた面を見ながら、広い視野を身につけていくことを願っています。

初代校長 大熊久次郎

初代校長
大熊久次郎

戦後の医療の歴史と共に
歩み続けた50年

1956年(昭和31年) 「香川県指圧学校」を高松市今新町に創立
1958年(昭和33年) 厚生大臣よりあん摩マッサージ指圧師養成施設として認定
1960年(昭和35年) 厚生大臣よりはり師・きゅう師養成施設として認定
「香川県指圧鍼灸専門学校」と校名変更
1971年(昭和46年) 高松市藤塚町に校舎移転
1976年(昭和51年) 専修学校・医療専門課程として香川県知事認可
1979年(昭和54年) 「四国鍼灸専門学校」と校名変更
1992年(平成4年) 綾歌郡宇多津町に校舎移転
1994年(平成6年) 「学校法人大麻学園」として香川県知事認可
1997年(平成9年) 「四国リハビリテーション学院」(理学療法学科・作業療法学科)開校
2000年(平成12年) 鍼灸科・柔道整復科を新設、「四国医療専門学校」と校名変更
2006年(平成18年) 「四国医療専門学校」と「四国リハビリテーション学院」が統合し、新生「四国医療専門学校」誕生
2007年(平成19年) 看護学科を新設
2009年(平成21年) スポーツ医療学科を新設

学校長・理事長挨拶

学校長・理事長 大麻 悦治

学校長・理事長
大麻 悦治

昭和36年
香川県指圧学校(現四国医療専門学校)卒業
昭和39年
香川県指圧鍼灸専門学校(現四国医療専門学校)本科卒業
昭和46年
第二代学校長
昭和48年
社団法人香川県鍼灸マッサージ師連合会会長
昭和53年
社団法人香川県鍼灸師会会長
平成4年
第四代学校長
平成6年
学校法人大麻学園理事長(〜現在)
平成17年
四国リハビリテーション学院第二代学院長
平成26年
第六代学校長

戦後の60年間、私たちは豊かな暮らしを求め、衣食住、つまり物に対する価値観を拠り所に未曾有の経済発展を遂げてまいりました。医療界においても、高度な機器や技術が目覚ましい発展を続けているものの、高医療・高負担や初歩的医療(軽医療)の軽視などの弱点も顕れております。これらの短所を補うことができるのが、総合医療であり我々医療従事者であると思います。人と人とが向き合い、痛みを分かちあうことで心と心が通じ合い、良くなった時の喜びを共に感じる。これが、真の医療人が行う医療ではないでしょうか。お金では買えない健康の幸せを求め、長い伝統と歴史に育まれた尊い技術によって、50年余りにわたって優れた医療人を送り出してきた本校は、ほぼ全ての医療系学科を揃え、有能な教職員・充実した施設で安心して学べ、確かな成果が得られるよう最善の努力を続けております。しかしながら、今一度原点を見つめ直し、本来の医療の良さを取り戻すため再度学校長へ就任いたしました。これからの50年を見据え、若い力も結集させながら医療人の養成に努めてまいります。真の医療人として活躍される皆さんの入学を心待ちにしております。