資料請求 REQUEST

オープンキャンパス OPEN CAMPUS

学校概要

基本理念

建学の精神 健康のありがたさを知り、
手をもって、伝え広める

教育理念

自律
医療に携わる人として、
自ら学び、考え、行動する
信頼
医療に携わる人として、
仲間から患者さんから、
社会から信頼を得る
貢献
医療に携わる人として、
人々の健康で幸せな
生活に貢献する

医療の原点は「手当て」であるといわれています。優しい手の温もりによってお互いの体温を感じ、相手と通じ合うことでもたらされる安らぎや安心感。人と触れ合ってこそ、本来の医療というべき「心からの治療」を行えるものです。これから医療人を目指す人は、病気のみを診るのではなく、人を診ることの大切さを知ってほしい。すなわち、からだの悩みだけでなく、こころの悩みも治して、はじめて患者の「健康」が取り戻せるのです。「健康」は人間の最大の幸福であり、最も尊ぶべきもの。人は心身ともに「健康」な生活を送ることで幸せを感じます。その「健康」に携わることを志す人のために、本校では開校以来「基礎に重点を置いた教育」を心がけています。

また、総合医療の教育機関として、医療に必要な幅広い知識と実践的な医療技術を教授。さらに、身につけた知識や技術を日々進化する医療現場でフレキシブルに発揮できる応用力を育て、時代の変化とともに対応できる柔軟な人間づくりを目指しています。

そして将来、一人ひとりが患者をはじめ、医療の世界の人からも信頼され、社会に貢献できる医療人として、活躍されることを願っています。

教育目標

建学の精神である「健康のありがたさを知り、手をもって、伝え広める」に基づき上記の教育理念を実現する医療人を育成する

沿革

本校は、昭和31年に初代校長 大熊久次郎によって創立され、あん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師の養成施設として多くの医療人を輩出してきました。

平成12年には鍼灸科・柔道整復科も新設し、現在の校名「四国医療専門学校」となりました。一方、1997年(平成9年)には理学療法士・作業療法士を養成する「四国リハビリテーション学院」を開校し、西洋医学の分野での医療人の育成も行ってきました。

そして、平成18年に「四国医療専門学校」と「四国リハビリテーション学院」は統合。更に平成19年に看護学科を、平成21年にスポーツ医療学科を新設し、7学科を有する総合医療専門学校になりました。西洋医学と東洋医学、お互いの優れた面を見ながら、広い視野を身につけていくことを願っています。

初代校長 大熊久次郎

初代校長
大熊久次郎

戦後の医療の歴史と共に
歩み続けた50年

1956年(昭和31年) 「香川県指圧学校」を高松市今新町に創立
1958年(昭和33年) 厚生大臣よりあん摩マッサージ指圧師養成施設として認定
1960年(昭和35年) 厚生大臣よりはり師・きゅう師養成施設として認定
「香川県指圧鍼灸専門学校」と校名変更
1971年(昭和46年) 高松市藤塚町に校舎移転
1976年(昭和51年) 専修学校・医療専門課程として香川県知事認可
1979年(昭和54年) 「四国鍼灸専門学校」と校名変更
1992年(平成4年) 綾歌郡宇多津町に校舎移転
1994年(平成6年) 「学校法人大麻学園」として香川県知事認可
1997年(平成9年) 「四国リハビリテーション学院」(理学療法学科・作業療法学科)開校
2000年(平成12年) 鍼灸科・柔道整復科を新設、「四国医療専門学校」と校名変更
2006年(平成18年) 「四国医療専門学校」と「四国リハビリテーション学院」が統合し、新生「四国医療専門学校」誕生
2007年(平成19年) 看護学科を新設
2009年(平成21年) スポーツ医療学科を新設

理事長挨拶

学理事長 大麻 悦治

理事長
大麻 悦治

昭和36年
香川県指圧学校(現四国医療専門学校)卒業
昭和39年
香川県指圧鍼灸専門学校(現四国医療専門学校)本科卒業
昭和46年
第二代学校長
昭和48年
社団法人香川県鍼灸マッサージ師連合会会長
昭和53年
社団法人香川県鍼灸師会会長
平成4年
第四代学校長
平成6年
学校法人大麻学園理事長(〜現在)
平成17年
四国リハビリテーション学院第二代学院長
平成26年
第六代学校長

平成から令和へと新しい時代がスタートしました。
平成天皇と同じ昭和8年生まれの私も、この5年間学校長を兼務してきましたがこれを期に職を辞し、新しい時代にふさわしい学校長を迎え「人」の字の如く学校の教育の発展に寄与できるものと確信しております。

本校も昭和31年創立以来60年を迎えましたが、創立者の大熊久次郎先生は明治40年頃から鍼灸マッサージ業を営み、当時の徒弟制度の中で、後進の指導を行って参り戦後の法改正でいち早く学校設立に諸力され、合わせて100年以上の歴史を有する本校と成りました基礎を築いてこられました。

私がこの道に進んだ頃は徒弟制度の時代で、途中で法改正により何年修行しても新しい法の下での学校を創って卒業しないと、資格取得が出来ず10年間の苦難の末、やっと開業に漕ぎつけたものです。

新旧制度の時代を経験したものとして旧制度の実技中心の伝承にも長所があり、これを生かした学校等での実習施設の充実を推し進めて参ります。生徒が先生を追い越す、先生も自分を追い越す。生徒の育成を日々の努力目標に掲げ、令和が平成を超えることを願います。

学校長挨拶

学校長 石川 浩

学校長
石川 浩

昭和35年
香川県立丸亀高等学校卒業
昭和39年
京都大学工学部卒業
昭和41年
京都大学大学院工学研究科修士課程修了
昭和44年
京都大学工学部助手
昭和48年
米国コロンビア大学客員研究員
昭和51年
香川大学商業短期大学部助教授
昭和52年
米国コロンビア大学客員研究員
昭和57年
香川大学経済学部助教授
昭和62年
香川大学経済学部教授
平成8年
香川大学工科系学部創設準備室長・教授
平成9年
香川大学工学部創設準備室長・教授
同年10月 工学部創設に伴い、初代工学部長・教授
平成14年
大学院工学研究科修士課程を創設し、初代工学研究科長
平成16年
大学院工学研究科を博士(前期・後期)課程に拡充改組し、工学研究科長
平成17年
香川大学を定年退職し、香川大学名誉教授
平成18年
香川短期大学学長
平成31年
香川短期大学を退職し、香川短期大学名誉学長
四国医療専門学校第七代学校長
この間、第4回構造物の安全性・信頼性国際会議(ICOSSAR'85)実行委員長(昭和60年:神戸)、第1回環太平洋構造信頼性国際シンポジウム(APSSRA95)組織委員長(平成7年:東京)、IEEE知能ロボット・システム国際会議(IROS2000)組織委員長(平成12年:高松)などを歴任し、専門分野における多くの国内外の会議・シンポジウム等を主導。

本校は、初代校長・大熊久次郎によって昭和31年に創立された「香川県指圧学校」を嚆矢とし、その後時代の要請に応えて、「香川県指圧鍼灸専門学校」、次いで「四国鍼灸専門学校」と改称し、あん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師の養成施設として多くの医療人を養成してきました。

昭和63年の瀬戸大橋開通を奇貨として、更なる社会的ニーズに応えるべく、平成4年、現在地の新宇多津都市に校舎を新築・移転し、平成6年には「学校法人大麻学園」として香川県知事認可を受け、初代理事長として大麻悦治が就任、現在に至っています。平成12年には鍼灸マッサージ学科に加えて、鍼灸学科・柔道整復学科も新設して、現在の校名「四国医療専門学校」となりました。一方、平成9年には、理学療法士・作業療法士を養成する「四国リハビリテーション学院」を開校し、西洋医学の分野での医療人の養成も行って参りましたが、平成18年にはこの「四国リハビリテーション学院」と「四国医療専門学校」の両者を統合し、新生「四国医療専門学校」を誕生させました。その翌平成19年には、看護学科を、平成21年にはスポーツ医療学科を新設し、現在の7学科を擁する総合医療専門学校になりました。平成26年には文部科学大臣より「職業実践専門課程」として認定され、西洋医学と東洋医学、お互いの優れた面を見ながら、広い視野を身に付けた医療人を養成する学校になったわけです。そして、平成28年には学校創立60周年を迎えました。

本校は、「健康のありがたさを知り、手をもって、伝え広める」ことを建学の精神としています。また、医療に携わる人として、「自律(=自ら学び、考え、行動する)」「信頼(=仲間から、患者さんから、社会から信頼を得る)」「貢献(=人々が健康な生活を送ることができるために貢献する)」の3つを教育理念に掲げています。医療の原点は「手当て」。優しい手の温もりによってお互いの体温を感じ、相手と通じ合うことでもたらされる安らぎや安心感。人と触れ合ってこそ、本来の医療というべき「心からの医療」を行えるものと思います。これからの医療人は、病気のみを診るのではなく、人を診ることの大切さも知って欲しい。身体の悩みだけでなく、心の悩みをも治して、初めて患者の「健康」が取り戻せるのです。「健康」は人間の最大の幸福であり、最も尊ぶべきもの。人は心身ともに健康な生活を送ることで幸せを感じます。本校では、人にこのような「健康」を与えられるような医療人の養成に全力を尽くしています。

創立60周年を終えた本校は今、教職員・在校生一丸となって、新しい令和の時代を力強く歩み始めています。本校が求める人材像(アドミッションポリシー)は、「医療専門職としての夢を持ち、前向きに努力する人」「愛情を持って人に接し、協調性のある人」「人の役に立ちたいとの思いを実現する志のある人」の3つです。これらを全うする人で、本校で学び、真の医療人として活躍されんと欲するみなさんのご入学を心からお待ちしています。