資料請求 REQUEST

オープンキャンパス OPEN CAMPUS

459のわ

柔道整復学科

笹木 翔平
笹木 翔平
平成26年度1部卒業
とくしま整骨院 開業
テーマ:『自責と他責』
最近よく耳にするのが「コロナだからできない。コロナだからうまくいかない。」という言葉です。本当にそうでしょうか?私も高校生の頃は何かうまくいかないことがあるといると「私は悪くない、あの人が悪い、先生が悪い、親が、この社会が、この世界が悪いんだ」と言い訳ばかりの「他責思考」でした。しかし、うまくいかないのは自分が悪いのではないか、自分の努力が足りないのではないか、とある時から思うようになりました。そう思い始めてから私の人生は180度良い方向に変わったと確信しています。もし、今の人生に満足していないと思う方は是非一度「自責思考」で考えてみることをおすすめします。

私は小学生から高校生まで野球をしていました。怪我をすることも多く、その度に整骨院で治療を受けていました。
その影響で自分も整骨院の先生になりたいと思い、高校を卒業後、四国医療専門学校に入学しました。
入学したばかりの頃は高校までで学んできた内容とは全く違う医学の勉強に戸惑うことも多かったですが、何でも気さくに丁寧に教えてくださる先生方のサポートや同じ志を持った友達と共に勉強に励むことによって無事に国家試験にも合格、柔道整復師になることができました。


四国医療専門学校を卒業後は地元(徳島県)の整骨院に就職し、5年間の経験を経て、令和2年2月に独立開業をしました。今年は新型コロナウイルス感染症という向かい風ではありますが一緒に働いてくれている仲間や通院いただいている患者様、支援していただいている様々な周りの方に支えられ、11月には個人事業主から法人化することも決定しています。


私はこの業界をさらにより良いものにしたいという夢があります。今まで整骨院では考えられなかったような治療やサービスを提供し続けることによって患者様もスタッフも社会も幸せにできるような会社を作っていきたいと考えています。今まで支えていただいた方に感謝を忘れずこれからも挑戦し続けたいと思います。


2020年9月