資料請求 REQUEST

オープンキャンパス OPEN CAMPUS

学園Topics

卒業生からの近況報告

看護

2012年4月11日(水)

看護学科では一期生・二期生が巣立っていきましたが、私たち教員の方にも忙しい合間をぬって連絡をくれています。最近は「手紙pen」ではなく、「メールmailto」なんですねsign01今回はその一部を本人の許可を得て、ご紹介します。

【第1期生の巻】

第1期生(平成22年度卒業生)が国家試験に全員合格し、就職してから1年が経ちました。東京都・京都府・愛媛県・香川県と就職先は9施設に分かれましたが、今でも連絡をとりながら全員が看護職を続けています 



clip卒業生からの一言clip

「係の仕事を任されたりと、看護だけでなく病棟内のシステム的なこともやってます。覚えることが多くて大変だけどcoldsweats01、病棟にも慣れてとても楽しく仕事ができてますnote」 

「働いて思ったのは四国医療の看護学科には師長レベルの先生が多かったじゃないですかsign02師長さんのすごさや師長さんになるまでの努力がなんとなくわかってきましたconfidentそんな師長レベルの先生達に教えていただいたことに、感謝、感謝ですhappy01heart04

「最後に、看護師を目指したことに間違いはないです。一度でも看護師になりたいって思った人は、絶対にあきらめず看護師を目指してほしいですsign03 こんないい仕事は他にはないと思いますhappy02up」 

「私は、先生たちのおかげで看護師国家試験に合格できたと思っています。いつも私に勉強を教えてくれたことは今でも覚えていますconfident」 

「ぜひ、後輩に同じ病院に来てほしいですwinknote


【第2期生の巻】

第2期生(平成22年度卒業生)も全員が国家試験に合格し、東京都・神奈川県・大阪府・兵庫県・愛媛県・香川県の15施設に就職し、新人研修を受け、そろそろ配属部署での勤務が始まりますhappy01clover



clip卒業生からの一言clip

「学生時代に繰り返し言われた『早起き』と『時間厳守』の意味がやっとわかりましたsweat01自分の行動や言動による責任の重さ、覚えることがいっぱいで不安ばっかりですけど、がんばろうと思いますsmileup

「生活は大きく変わりましたが、研修や現場では困ることが少ないです。全国から新人が集まっていますが、他の学校では点滴や採血、呼吸音、心電図などビデオやCDでしかしていないみたいで。同じ病棟の子では、研修で初めてした子が大多数でした。なので、私自身は学校でしていることもあってスムーズに行えているように思いますhappy01scissorsまた当院はNANDAを活用しているので、学校で習ったことを活用してアセスメントもスムーズに行えていますnote

 


学生時代に習ったことを、看護師として働き始めた時に活かすことができているのか心配していましたが、卒業生から届いた一言を読み返しながら安堵し、笑顔がこぼれましたhappy01

卒業生同士が同窓会というネットワークを通じて、お互いに励ましあいながら看護師として働き続けることを願っています。

将来、卒業生が本校看護学科の専任教員になり、一緒に働けることを夢に描き、卒業生がいつでも帰ってこられる場でありたいと思いますhappy01paper