資料請求 REQUEST

オープンキャンパス OPEN CAMPUS

夜間部のススメ

夜間部で学ぶ10のポイント

本校の鍼灸学科・柔道整復学科には夜間部が設置されています。また、スポーツ医療学科は夜間部のみの開講。ライフスタイルの多様化に合わせ、夜間部で学ぶメリットをご紹介します。

1.時間を有効活用して効率よく学習

昼間の時間を自由に使って、仕事・アルバイトや勉強・趣味など自分のやりたいことに活用。そして夜間の学習で集中して、効率よく学習ができます。
※スポーツ医療学科は夕方6時50分からの授業開始です。

ピンチアウトしてご確認ください。

1日のスケジュール

2.昼間部より学費が安い(鍼灸学科・柔道整復学科)

鍼灸学科・柔道整復学科の夜間部は昼間部より学費が安くなっており、日本一リーズナブルな学費設定。自身の学費負担や保護者の経済的負担を軽減したい方にピッタリです。

本校 鍼灸学科・柔道整復学科(昼間部 1,020,000円
本校 鍼灸学科・柔道整復学科(夜間部 900,000円

3.充分な収入が得られ学費負担を軽減

昼間部と比較して仕事やアルバイトができる時間が長いので、充分な収入を確保することができます。

4.教育訓練給付金で学費負担を軽減(鍼灸学科・柔道整復学科)

鍼灸学科・柔道整復学科の夜間部は「専門実践教育訓練給付制度」の指定講座の認定を受けています。学費の一部が国から給付され、3年間で最大120万円(年間最大40万円)が支給されます。(2018年1月より)詳しくは教育訓練給付金についてをご覧ください。

専門実践教育訓練給付金制度 の学費給付(最大168万円)

5.本校独自の学費支援制度で学費負担を軽減

本校の在校生・卒業生が鍼灸学科・柔道整復学科・スポーツ医療学科に入学の場合、入学金の全額が免除されます。さらに、夜間部への入学の場合は夜間部授業料の1/3相当が免除され、経済的負担を軽減できます。詳しくは学費サポートをご覧ください。

具体的な負担軽減額

例えば柔道整復学科1部(昼間部)に在籍している方が、鍼灸学科2部(夜間部)に併修で入学した場合、「在校生優遇制度」により鍼灸学科2部(夜間部)の入学金300,000円免除、さらに鍼灸学科2部(夜間部)の授業料852,000円(284,000円×3年)減額で合計1,152,000円お得

6.スポーツ分野専門のスキルを身につける(スポーツ医療学科)

スポーツ医療学科は四国で唯一のアスレティックトレーナー養成認定校。
2年間の短期集中でメディカルライセンスとの相乗効果を生み出すことが可能です。スポーツ専門の学習ができるのは夜間部のみです。

選ばれる治療院へ・・・スポーツをしているあなたが腰痛になった時、どちらの治療院を選びますか?

ピンチアウトしてご確認ください。

7.幅広い年齢層の社会人が多く在籍

さまざまな年齢層や職業の方が夜間部で学んでいます。20代の学生も多く在籍しており、活気にあふれています。医療国家資格を持っている方・目指している方、昼間は企業で働いている方なと様々な経験を持った幅広い年齢層の友人ができるのも夜間部ならではの特徴です。

ピンチアウトしてご確認ください。

年齢層円グラフ
※2010・2011年度入学生の平均

8.短期間で複数の資格取得を目指せる

例えば、鍼灸マッサージ学科と柔道整復学科夜間部の同時入学なら、3年間で4つの国家資格が取得可能です。また、昼間部に在籍しながら、入学年度をずらして夜間部に入学する方もいます。複数の資格を取得して業務の幅を広げたいというニーズに応えられるのも夜間部があるからなのです。

パターンその1

ピンチアウトしてご確認ください。

パターンその2
※理学療法学科・作業療法学科での臨床実習時間の関係上、入学初年度からのWスクールのみ可能です。

ピンチアウトしてご確認ください。

9.通学が便利

JR宇多津駅から徒歩約5分。また、校舎に隣接する約250台収容可能な駐車場も完備。昼間の活動が忙しい方でも無理なく通学できることも夜間部で学習するために大きなポイントとなっています。

JR宇多津駅

10.昼間部と同等の行事

球技大会

学園祭

体育祭