資料請求 REQUEST

オープンキャンパス OPEN CAMPUS

459のわ

鍼灸マッサージ学科・鍼灸学科

政本 恵也
政本 恵也
平成18年度 鍼灸マッサージ学科卒業
(株)さくらモンデックス 勤務
テーマ:『夢を語りあった3年間』
四国医療の3年間は自分の中で一番、いろいろな考え方を吸収させていただいた時間でした。クラスメイトは同年代の方から年上の方まで年齢層が広く、勉強だけではなく人生の生き方、考え方など大変多くの事を教えていただきました。みんな向上心が強く試験前などはみんなが一つの部屋に集まり、いろんな意見をぶつけ合いながら切磋琢磨していました。その中で将来の夢を語り合い、たとえどんなに大きな夢でもお互いの夢を尊重しあえる仲間の形がつくれたことが今では自分の中の大きな財産になっています。

卒業後は東京の整骨院で働き、その後、地元広島に帰ってきて(株)さくらモンデックスのもとで三原訪問鍼灸マッサージ院を開業して現在では広島2院を統括しています。
まだまだ10年という少ない経験ですが自分が今この業界に携わって感じていることとして、間違いなく自分たちの鍼灸やマッサージは求められているということです。そしてこれからも求め続けられると思っています。


確かに整骨院、鍼灸院業界の現状として(地域によって違いはありますが)、成熟期に到達しており新しい形を模索していかなければならないと思います。しかし、どこの業界でもこの流れは同じです。『求められている』ことを敏感に感じて、『行動』を起こすことができるかできないかだと感じています。変化は怖いものですが、四国医療に入った時点で、この業界に入ってきた時点で今までの人生のなかでは十分な変化だと思います。怖くても行動してしまえばやるしかなくなります(笑)


受け売りですが『全力で走るものに不安は追いつけない』といいます。時代の流れと共に求められるものが変わっていく中で柔軟に対応し、自分の理想の治療や理想の院を築く『思い』と『行動』さえあれば不安になる必要はありません。そしてこれ以上いい仕事は他にないんじゃないかと僕は思っています。


2014年3月