資料請求 REQUEST

オープンキャンパス OPEN CAMPUS

459のわ

鍼灸マッサージ学科・鍼灸学科

白石 大樹
白石 大樹
平成24年度 鍼灸学科2部卒業
四国医療専門学校 附属鍼灸治療院 研修生
テーマ:『心を変える治療家を目指して』
米穀店でお米の配達をしていた私は、ひどい腰痛に悩まされていました。そこで鍼灸治療院を受診し、鍼灸治療を受けることで、腰痛も緩和されました。また、先生と話すことで心が前向きになり、いつしか「自分も人を癒せる治療家になりたい。」と強く思うようになりました。

平成22年に鍼灸学科夜間部に入学し、日中は配達の仕事をしながら夜は学校という日々を過ごしました。夜間部のクラスメイトは、少人数でそれぞれが強い目標を持ち、お互い切磋琢磨できる関係で、励まし合い、授業や試験も乗り越えることができました。学校生活で特に印象に残っているのは3年時に施術者として臨床実習を行ったことです。臨床実習では、マンツーマンで指導してくださり、多くのことを学ぶことができました。実習中に先生からいただいた「我々は病いではなく、人を診るのが仕事です。」という言葉は、今の私の原点になっています。


今、私は卒業して鍼灸師となり、附属鍼灸治療院の研修生として臨床実習の指導や一般の患者さんへの施術をさせていただいています。臨床実習では、患者さんへの配慮や気遣いができているかを第一に指導しています。実習回数を重ねることで、どんどん成長する学生の姿に刺激を受けています。また、日々の臨床では力不足を感じることもありますが、患者さんと真摯に向き合って、施術を行っています。まだまだ未熟な私ですが、いつかは自分の治療院を持ち、来院された患者さんの心を変えられる治療家になりたいです。そして、多くの方に鍼灸の魅力を体感していただきたいです。


2013年12月