資料請求 REQUEST

オープンキャンパス OPEN CAMPUS

459のわ

理学療法学科

宮田 真子
宮田 真子
平成13年度卒業
松江赤十字病院 リハビリテーション科 勤務
テーマ:『学園祭について』
学園祭では前夜祭と称して先生も一緒になって騒いだり、学科ごとに模擬店の準備をしたり、うどんの早食いで喉を詰まらせたり、女装コンテストはみんな意外ときれいだったり…。

私がこの職業を目指したきっかけは、高校の時、今後の進路に悩んでいる私に、『理学療法士という資格がある』ことを両親が教えてくれました。実際に見学へ行き、「面白そう…。」などという最初は安易な気持ちでした。

入学してからの学校生活は楽ではありませんでした。学ばなければならないことが多く、これまでとは違う勉強に戸惑い、試験の前日に徹夜をしたり…実習で悩んだりと辛いこともたくさんありました。「ホントに理学療法士になりたいのかな……?」と悩む日々でした。


そんな中、臨床実習が始まりました。そこで、学生として初めて担当させていただいた患者様がその日初めて歩くことができたのです。『歩けたよ。』と、笑いながら涙目で話してくれる患者様とご家族の喜ぶ顔を見て、「あぁ、この道を選んで良かった。」と感じました。

入学式で理事長が、『専門学校でできた友は一生の友人になる』と話されました。今はそれを実感しています。働き始めて悩むことが多く、自分の未熟さに悲しくなることもあります。そんな時には、苦しいこと・楽しいことを一緒に経験してきた学生時代の友人に相談し、愚痴を聞いてもらうこともシバシバあります。いつも同じ目線で一緒に悩み、時には厳しく注意もしてくれる友人はまさに「一生の友」だと感じています。

まだまだ、いろいろな事を学んでいく途中ですが、学生時代に感じた感動を忘れる事なく、患者様の喜ぶ顔を近くで見ていられる理学療法士で居続けたいと思います。

病院の中でリハビリテーションの訓練士という職業は、患者様の近くに居る事の出来る職業ではないかと感じています。多くの場合は、初めに担当となると入院から退院まで関わらせていただけるので、ほぼ毎日のように患者様に接することができます。そんな中で、患者様やご家族とも良い意味で心安くなるため、話し合いながら訓練を進める事ができます。人と接することが好きな人にはやり甲斐のある仕事だと思います。


2007年6月