資料請求 REQUEST

オープンキャンパス OPEN CAMPUS

459のわ

理学療法学科

本久 雄一
本久 雄一
平成17年度卒業
医療法人 近森会 近森病院 理学療法科 勤務
テーマ:『本校を選んだ理由』
医療の原点である、『手当て』を四国医療専門学校は大事にしていると思います。また、講師の先生方や授業内容も充実していることを聞いたので選びました。卒業してみると、『手当て、手を当てる』大事さを学生時代以上に感じています。

私は小・中・高とサッカーをしていました。自分自身が怪我をしたり怪我をした選手を見てきたりして、不完全な状態(心・技・体)で練習・試合復帰をするのではなく、万全な状態(心・技・体)で復帰させてあげたいと考え理学療法士を目指しました。また、小さい頃から理学療法士である親父の姿を見ていて何かを感じたのかもしれません・・・・・・。

学校生活で印象に残っているのは、勉強したことよりも、クラスメイトと一緒に海へバーベキューをしに行った事や、教務の先生方と食事に行った楽しい想い出の方が多いです。かといって勉強が辛かったのではなく、理学療法士になるという目標のもと教務の先生方が解りやすく教えてくれたり、クラスメイトと互いに助けあい・支えあいながらきたりしたので、ここまで歩んでこれたのだと思います。


理学療法士は実際に患者さんに触れて、係わっていくので何年目であろうが責任があります。日々悩み考えながらリハビリテーションに携っていますが、患者さんから『楽になった』や『ありがとう』という言葉を頂くと理学療法士を選んで良かったと思います。

今後は、新生児から高齢者まで全てのヒトを診れる理学療法士を目標に日々頑張っていこうと思っています。

ヒトに手で触れることによって、安らぎや安心感を提供できます。理学療法士は自分の『手』で患者さんに触れて治療をしていきます。患者さんが日々変化していく状態も手で触れることによって把握できることもあるので、飽きることなくやりがいのある職業だと思います。


2007年9月