資料請求 REQUEST

オープンキャンパス OPEN CAMPUS

459のわ

理学療法学科

平村 暢章
平村 暢章
平成18年度卒業
高松市国民健康保険 塩江病院 リハビリテーション科 勤務
テーマ:『国家試験の思い出』
私たちの国家試験では、【2つ選べ】が前年に比べかなり増えた年で、試験後の帰りのバスでは、不安な気持ちとやっと国家試験の勉強から解き放たれたという解放感がありました。友達とした苦しい勉強も今となっては良い思い出になっています。

私が、理学療法士になろうと思ったきっかけは、中学の部活で野球をしており、肩の故障で紹介していただいた兵庫県の病院に来院したときに、理学療法士の方々に今後のトレーニング方法、投げ方などを教えていただき、自分もこういった事を指導できるように、また故障を起こさないようなトレーニング法などを指導できるようになりたいと思い、理学療法士を目指すことを決めました。

学院(学校)生活では、テスト、臨床実習で辛い思いを経験しましたが、そんな時に友達や先輩、教務の先生方からの助けを頂き、人は他の人の力によって強くなっていくのだと感じました。また、学校が終わってからも友達と一緒に勉強したり、ご飯を食べに行ったりと学校外での生活も充実した日々を過ごせて良い思い出になっています。


まだまだ一年目で知らないことばかりで、患者様にとって十分なリハビリを提供できていないと思います。しかし、これからたくさんのことを経験し、学び、患者様が笑顔で生活できるように、また、患者様から信頼されるように頑張っていきたいと思います。

理学療法士は、病院の中で、患者様と接する機会が数多く、勉学の専門知識だけではなく、コミュニケーション能力が必要だと感じています。四国医療専門学校は、先輩や後輩との縦のつながりがあり、教務の先生方もとても話やすく理学療法士を目指す場では最適だと感じています。


2008年2月