資料請求 REQUEST

オープンキャンパス OPEN CAMPUS

459のわ

理学療法学科

岡原 幸世
岡原 幸世
平成18年度卒業
医療法人圭良会 永生病院 リハビリテーション科 勤務
テーマ:『ソフトボール大会の思い出』
毎年行われるソフトボール大会では学科関係なくチームで競い合ったのでたくさんの人と仲良くなれたとても楽しい思い出です。得点はもちろん、チームでTシャツを作ったり前もって練習をしたりしたことも印象に強く残っています。

理学療法士という職種があるのは中学時代、陸上をしていたときに足を怪我した際に知りました。そのときはまだ詳しくどんなことを行う職種であるのかは分からなかったのですが、高校で進路を決める時にオープンキャンパスに行き自分が思っていた以上に幅広い内容だなと興味が湧き理学療法士になることを目指しました。

学校生活では勉強はテスト前になると思っていた以上に大変でしたが、友達や先輩などに助けていただき何とか乗り越えることが出来ました。学校に入って友達や実習先などでたくさんの出会いがあって本当に毎日充実していました。4年間は長いように思えたけれど、実際は本当にあっという間で、今でも思い出すと懐かしくて戻りたいなと思うときもあります。


理学療法士になってまだ1年目で毎日毎日が勉強です。1日はあっという間に過ぎていきますが、今担当している患者様に自分は何が出来るのか?また何が必要なのかを少しでも多く学んでいけたらなと思っています。またこの仕事は患者様とほぼ毎日接する機会があり、その人の生活状況や今後の人生まで関わる大変貴重な意味を持った仕事だと思います。

四国医療専門学校は勉強する環境もよく、教務の先生方や先輩・後輩との交流も交えた年間行事も多い学校であると感じ、私はこの学校に入って良かったと改めて感じました。


2008年4月