資料請求 REQUEST

オープンキャンパス OPEN CAMPUS

459のわ

理学療法学科

藤澤 雄太
藤澤 雄太
平成19年度入学
テーマ:『早期体験実習の思い出』
早期体験実習は初めて患者様と接することができる理学療法士になるためのとても大切な時間です。臨床でしか得ることのできない多くの知識、理学療法士という仕事の楽しさを学んでいきたいです。

僕が理学療法士になりたいと思ったのは高校一年生のときです。バレーボールをして手を怪我してしまい理学療法士に治療を受けたことがきっかけです。その時は理学療法士がどんな仕事をするか知りませんでした。しかしオープンキャンパスやボランティア活動をするうちに興味がでてきて、理学療法士を目指すことに決めました。

学校生活では毎日同じ夢を持つ仲間たちと頑張っています。どんなに難しいことでも仲間たちと頑張れば楽しくやりがいがあるものになります。まだ二年生なのでわからないことは多いのですが、毎日の授業は楽しくとても充実しています。


二年生の後期から初めての実習が始まりました。とても緊張しますが勉強になることばかりで理学療法士になりたいという気持ちがさらに強くなりました。そして実習にいくことで今まで以上に勉強を頑張りたいと思いました。実習先の先生方を見て、自分も相手も幸せになれるやりがいのある仕事だと感じました。

この四国医療専門学校は教務の先生方や先輩・後輩との交流や楽しい行事も多く、とても充実した学習環境が揃っているので僕はこの学校に入ることが出来て良かったと思います。みなさんもこのすばらしい学校で一緒に理学療法士を目指しましょう。


2008年10月