資料請求 REQUEST

オープンキャンパス OPEN CAMPUS

459のわ

理学療法学科

大西 健太
大西 健太
平成27年度卒業
三豊市立西香川病院 勤務
テーマ:『理学療法士を目指すきっかけ』
私は、高校時代野球部に所属していました。しかし、練習中に膝関節を怪我してしまい、思うようにプレーすることができませんでした。そんな時、ある一人の理学療法士さんと出会いました。その理学療法士さんは、私がもう一度試合に出られるように、プレーでの注意点、ケアの仕方、一人でも行える自主練習など、数多くの事を私の意見を聞きながらアドバイスしてくれました。自分の事のように、私の事を真剣に考えてくれる理学療法士さんの姿に心をうたれました。私の人生を後押ししてくれたような気がします。そして私は、理学療法士になる夢を描き、四国医療専門学校に入学しました。

入学してからは、理学療法士になる為に自分の事しか考えていなくて、自分の為に勉学に励む日々でした。その為、責任感などを感じることなく、苦手な事から逃げ出す事も多かったです。しかし、理学療法士となった今、私の中で学生時代との一番の違いは責任感の重さであると感じています。私は回復期病院で働いている為、リハビリはもちろんの事、退院後の生活を見据えながらアプローチする必要があります。退院後の支援を考える事は今後の人生を見据えることと同じだと私は思っています。その為、患者様が退院後の人生も「幸せだ」と感じられる様にリハビリテーションを提供しなければなりません。


私は患者様の人生を預かっているという責任感を持ち、患者様の為に質の高いリハビリテーションを提供できるよう日々勉学に取り組む必要があると感じています。患者様が幸せな人生を過ごしてくれ、患者様の笑顔を見ることが私の幸せでもあります。このように責任感が持て、人の人生を考えていける理学療法士はとてもすばらしい職種であり、やりがいを感じられる職種であると感じています。後輩たちやこれからこの職種を目指す人には、患者様と幸せを共感し合える理学療法士を目指して欲しいと思っています。


2017年7月