資料請求 REQUEST

オープンキャンパス OPEN CAMPUS

459のわ

作業療法学科

津川 亮介
津川 亮介
平成17年度卒業
医療法人仁寿会 吉田病院 リハビリテーション科 勤務
テーマ:『この資格を目指した理由!!』
作業療法士は、身体・心・生活にと幅広く関わることができると感じたのでこの資格を目指しました。笑顔が好きな人、集まれ!!

私は、もともと看護師志望でした。高校3年の夏休みに老人保健施設へボランティアに行った際に初めて作業療法士という職種があることを知りました。そこで見た作業療法士は身体機能的なリハビリテーションだけでなく、楽しくゲームなどをしたりと幅広く活躍されており、とても魅力的な仕事であると感じ、迷わず作業療法士を目指しました。

学校生活は膨大な教科量!!一年時の基礎科目から専門的な講義へと進み、実際の医療現場での臨床実習といくつも壁はありました。しかし、その度に人と関わる事の責任と難しさを学びました。また、共に協力し合い同じ壁を越えてきた友達とはとても強い絆が出来ました。


現在、臨床経験2年目で経験や技術もまだ満足いくものではありませんが、患者様の反応を見る度に、この仕事の奥深さを実感しています。今後はたくさんの患者様の笑顔を見ることができるように励み、周りをパッと明るく出来るヒーローのような作業療法士になりたいです。いつしか友達が私に言ってくれた『10回の筋トレよりも1回の笑顔』この言葉をこれからも大切にしていきます。

作業療法士は、臨床現場で笑顔の花を咲かせる仕事だと私は思っています。その裏にはいくつもの苦悩や地味な場面もたくさんありますが、それだけにやり甲斐を感じる仕事だと思います。

人と関わる事が好きな人は思い切ってこの門を叩いてみてはどうでしょうか?


2007年5月