資料請求 REQUEST

オープンキャンパス OPEN CAMPUS

459のわ

作業療法学科

瀬尾 浩子
瀬尾 浩子
平成17年度卒業
香川県済生会病院 リハビリテーション科 勤務
テーマ:『臨床実習の思い出』
実習では、担当した患者さまについて夢に出てくるほど悩みすぎて、体調不良で倒れたこともありました。また、自身の未熟さを痛感し、とにかく泣くことが多く、指導者の先生方には本当にご迷惑をおかけいたしました。けれど、実習を経験したことで知識だけでなく精神的な成長にもつながりました。

中学生時代には看護師を目指して受験勉強していましたが、高校に入って父から作業療法士という職業を教えられ、人が良くなっていくのを手助けできるなんて素晴らしい仕事だとおもってすぐに進路変更をしました。この職業の内容については、入学してから学びました。

学生生活は、とてもとても楽しかったです。休み時間になると廊下へ出て、みんなで寝転がって話しをしたり、笑いの絶えない生活を送っていました。共に苦しみを乗り越えた友人たちは、本当に一生の仲間だと思っています。


仕事をはじめると毎日が悩んでばかりです。けれど、悩むことなしにこの仕事はできないと思うので、『日々勉強!!』の精神で、"?"を"!"に変えていく努力を続けたいと思います。

今後はハンドセラピーの知識と技術を高め、より専門的なリハビリテーションを提供できるように・・・日々勉強!!!です。

作業療法士という職業は、たくさんの人と出会い、心と心で関わることができる素晴らしい職業です。また、生活に深く関わる仕事なので、様々な知恵を吸収できるというメリットも!!!人と関わることで自身の成長にもつながると思います。


2008年1月