資料請求 REQUEST

オープンキャンパス OPEN CAMPUS

459のわ

作業療法学科

眞鍋 浩之
眞鍋 浩之
平成16年度卒業
介護老人保健施設 桃源苑 勤務
テーマ:『定期試験の思い出』
みんなで集まってわからないことを教えあいながら、何とか乗り越えました。試験終了後は夏休み、ストレス発散で遊びに行きました!

私がこの学校に入学したきっかけは、「人と関わる仕事がしたい」と思ったことです。しかし、なかなかどのような職業があるのか分かりませんでした。高校生のとき母親が持ってきたパンフレットを見てリハビリテーションを知り、作業療法士を目指すことに決めました。

いざ入学し勉強することでよりリハビリテーションへの興味がわきました。また学校生活では、楽しい仲間たちと共に同じ時間を過ごし、学科や年齢関係ありませんでした。飲み会はことあるごとに行い卒業時にはみんな体重が増えていました。また病院などでの実習ではリハビリテーションの難しさを知り、実際に障害を持つ方と関わることで自分の知識の無さも知れました。しかし担当した方の笑顔で実習を乗り越えることができました。


私は今作業療法士として5年目です。老人保健施設での作業療法としてどんなことができるのかを考え日々利用者と関わっています。毎日を楽しく過ごして頂くための場を考え提供できれば良いのではないかと考えます。

今後作業療法士を目指す方へ、様々な障害を持つ人に関わり、その方の生活援助などを行います。人と関わり自分を高めていきたい方は、この職業を選んでみてはどうでしょうか。


2009年7月