資料請求 REQUEST

オープンキャンパス OPEN CAMPUS

459のわ

看護学科

大西 景
大西 景
平成23年度卒業
坂出市立病院 勤務
テーマ:『学生時代の思い出』
看護学科の授業で、「白衣を着たらプロ」という言葉を聴いたことがあります。学生時代は聞き流していた言葉でしたが、働いている今となっては、とても深い言葉であると考えています。

私は今、坂出市立病院の外科病棟で勤務しています。
実習中は受け持ち患者様の人数は少なかったため、病態・ADL・性格・不安に思っていること・入院から今までの経過・内服薬や点滴など、だいたいは把握できていました。しかし、就職すると受け持ち患者人数は増え、初回入院の方もいるため、各勤務帯からの申し送りの大切さとチームで看護していることに気がつきました。就職してからは、患者様の命に直結している仕事だと、実習中とは違った責任の重さを日々痛感しています。
私の現在の勤務場所は外科病棟であるため、術前~術後~回復期~退院と、患者様が軽快していく姿がみられ、とても嬉しいです。しかし、末期癌で意識がありながらも闘病している患者様と接する時は、何もできない自分が情けなく感じることもあります。


まだまだ、知識・技術も不十分で、患者様からは「ありがとね。どこの学生さん?」と間違われることも多々ありますが、根気よくご指導をして下さる先輩方のもとで、少しずつ成長しています。
2年後、坂出市立病院は新病院となり、また新たなスタートをきりますが、まずは基礎をしっかりと固めていき、学生に間違われないような雰囲気を持った看護師になりたいです。
辛くも楽しかった看護学生時代を過ごした皆と、またお酒やカルピスを飲みつつ、語り合いつつ、くだらないことで笑いあえるのが楽しみです。( ^w^)<Fight!2期生!!>


2012年9月