資料請求 REQUEST

オープンキャンパス OPEN CAMPUS

459のわ

看護学科

板野 好夏
板野 好夏
平成26年度入学
テーマ:『私が看護師を目指したきっかけ』
私の母は看護師をしています。私は幼いころから母の仕事場へよく連れて行ってもらっていました。そのときに母が患者さんに寄り添い話を聞く姿や、てきぱきと働く姿を近くで見てかっこいいと思い「私も母のような仕事をしたい」と強く憧れたのがきっかけです。

四国医療専門学校看護学科に入学して、楽しいことも辛いこともたくさんありました。1年生のときは看護の勉強についていくことに必死でした。しかし、難しい勉強の中でも看護師としてできる知識が増えていくことが嬉しくて、勉強が苦ではありませんでした。日々の授業や校内実習で得た知識、臨地実習での経験は看護師になるための一歩でもありますが、私自身も大きく成長できたと思います。


2年生になった今は自治会と学生会の仕事をみんなと協力して活動しています。会長として看護学科だけでなく、学校全体をみていかなくてはならず、学校行事を運営していくのはとても大変です。でも、壁にぶつかる度に友達がフォローしてくれたりアドバイスをくれたりして、みんなに支えられていることを実感します。仲間と協力することや自分の言動に責任を持つことを、この経験を通して学びました。
これから、看護師になるために仲間と協力しあい、高め合いながら頑張っていきたいです。


2015年8月