資料請求 REQUEST

オープンキャンパス OPEN CAMPUS

459のわ

柔道整復学科

氏原 健雄
氏原 健雄
平成17年度1部卒業・鍼灸学科2部2年在籍
普門堂鍼灸接骨院 勤務
テーマ:『学園祭の思い出』
学園生活の中には各学科合同で行う行事もたくさんありますが、学園祭もその一つです。各学科の特徴をいかしマッサージやテーピングといったこの学校ならではの出し物をしました。この日のために毎日練習を積んで臨んだのを覚えています。一般の方々にも気軽に体験してもらい学校のよさをアピールできる場だと思いますのでぜひ行ってみてください!

本校に入学した理由は父が鍼灸接骨院をしていることがきっかけでした。在学時は解剖学、生理学、柔道整復学理論など覚えることがたくさんで医学的な知識がなかった私には大変でした。2年、3年と進級するにつれ授業はより高度な内容になり、ついていくので必死な時に目の前には早くも最大の目標である国家試験が立ちはだかってきました。国家試験は年々難しくなっていることもありプレッシャーを感じるばかりでした。しかし、国家試験という壁にぶつかり、それを乗り越えることによって本当に大変なことは柔道整復師として社会に出て自信を持ってやれるかであると感じました。柔道整復師として社会に出られている先生方は皆、同じ思いのはずです。


在学中は各試験に向けて勉強することがまず一番大切なこととは思いますが、もっとしっかり将来の開業のことを考えて日々過ごしていればよかったと後悔の思いもあります。

卒業後、私は普門堂鍼灸接骨院に勤務し大石先生の下で経験を積みながら、鍼灸学科の夜間部にも進学し更に知識、技術を磨いているところです。仕事と学校の両立は大変ですが今では後輩もでき、知識、技術ともに恥のないように毎日努力しています。(笑)

新入生、そして2年生、3年生には必ず後悔のない学生生活を送っていただきたいとともに、最大の目標である柔道整復師免許を取得するために国家試験に向けて日々、努力して頑張ってください!!


2007年10月