資料請求 REQUEST

オープンキャンパス OPEN CAMPUS

459のわ

柔道整復学科

内海 悠達
内海 悠達
平成23年度1部入学
テーマ:『コミュニケーションの大切さ』
同世代の人間しか周りにいなかった高校時代に比べ、専門学校は幅広い年齢層の人がいるので、いろいろな考え方や方向性を持った人と接する機会が増えました。そのため、お互いを理解することにおいて、コミュニケーションの重要性を強く感じています。また、他の学科間との交流も盛んなので、とても勉強になります。

この職業を目指すきっかけになったのは、1人の柔道整復師の先生との出会いでした。私は小学6年生の時に、右手首を骨折してしまいました。周りには病院があったのですが、当時の担任の紹介により病院には行かず、接骨院に通いました。その際に担当してくださった先生が柔道整復師の先生でした。当時の自分には先生がどのような治療をしてくれたのかは分かりませんでしたが、私の話を親身になって聞いてくれ、治療が終った後には痛みは無くなり、楽になったことを覚えています。


それから何日間か、先生の接骨院に通院させてもらいましたが、年齢を問わず先生の元には人が集まり、来られた患者さんは皆、来たときよりもにこやかな顔で帰っていた姿を覚えています。
子供心に話を聞くことの重要さ、治療技術の必要さを感じました。これから先、私は少しでも先生に近づくことができるように、様々な学科の方と交流を行い、コミュニケーションと技術を磨き頑張りたいと思います。


2013年2月