資料請求 REQUEST

オープンキャンパス OPEN CAMPUS

授業訪問

授業訪問「リラクゼーション方法論」

看護

2020年7月7日(火)

看護学科では、5月中旬よりスタートした東洋医学の知識と技術を活かした「リラクゼーションの方法」を合計15回の講義と実技により学んでいますsign01

授業のメインは、手で“触れて”痛みや苦しみを緩和する「タクティールケア」ですconfidentpaper

背中・手・足のタクティールケアは、すぐに実践できて、患者様の喜ぶ顔を見ることができる、ナースにとって、まさに“看護の原点”を振り返ることのできるケアですflair



看護学科3年生は、大麻陽子副学校長(鍼灸マッサージ学科)の指導による実技を繰り返し練習し、学生同士ペアになり、リラクゼーションを体験していますsign01

手で施すケアは心も体もほぐれていきますねwinkheart01

学生たちは、もうすぐ臨地実習が始まりますsign01

実習先の病院で「上手くできるようにしっかり練習して患者様に喜んでもらいたい」と意気込んでいますhappy01rock



講義の最後は実技テストですflair

指導教員や看護学科教員が患者役になり体験していますsmile

それはもう気持ち良くて眠ってしまいますconfidentsleepy




看護の基本は“手当て”であり、“リラクゼーション”は手で触れるだけですぐに実践できる援助ですsign01

手技療法を実際の看護に活かせるように一生懸命頑張っています~happy01sign03