資料請求 REQUEST

オープンキャンパス OPEN CAMPUS

授業訪問

授業訪問vol.9 「作業療法評価学演習」

作業

2016年11月11日(金)

作業療法学科2年生後期の

「作業療法評価学演習」

の授業の一コマを

紹介したいと思いますhappy01sign01

 

作業療法評価学は、

2年次に1年をかけて学ぶ

重要な科目ですclip

 

また、

“評価に始まり評価に終わる”

という言葉で代表されるほど、

リハビリテーションを

計画・実施する上で

欠かせない基礎的技術ですflair

 

本校作業療法学科

山川先生・水上先生

評価学演習の授業を

担当されています。


今回は、

協調性検査の授業

を実施しましたsign01


この協調性検査は、

パーキンソン病や

パーキンソン症候群、

脊髄や小脳疾患患者

に実施する検査になります。

 

山川先生からの説明があった後に

演習が始まりましたchick



学生達は山川先生に質問をしたり、

教科書を見ながら

お互いで確認し合ったりなど、

意欲的な姿勢

実技練習に取り組めていましたhappy01rock

 

また、ケーシを着ると

気持ちがより引き締まり

能動的になるようですsmile

 

評価法は、

作業療法士である限り、

常に高めていかなければならない

基礎的技術ですflair

 

来年からは

本格的な実習

スタートしますsign01

 

2年生の皆さん、

たくさん練習し

技術を高めていきましょうsign03happy01paper