資料請求 REQUEST

オープンキャンパス OPEN CAMPUS

授業訪問

授業訪問vol.4「災害看護グループワーク」

看護

2014年2月24日(月)

clip【授業訪問】clip

第4回目は看護学科2年生「災害看護グループワーク」sign03

災害に対する知識を持ち、災害時の心構えと備えについて学習するためのグループワークを2年次に行っています。学校内での学習後、実際の地震を想定し、避難訓練を行いました。

2月12日 14:40南海トラフ地震発生。

教室で「シェイクアウト訓練」後、学生たちは、事前に決めておいた避難場所へと移動を始めましたconfident


老人、妊婦、片麻痺を体験するために、それぞれの体験スーツを着用しました。



片麻痺体験、老人体験、どちらの学生も坂道では、相当エネルギーを費やしていましたcoldsweats01sweat01


学校を見下ろせる高台に無事に避難しました。中には、妊婦体験スーツを着用した学生たちもいました。

避難中にお会いした地区の自治会会長さんが、青の山にある砂防ダムのこと等を説明してくださいましたconfident


避難場所で合流できなかった車椅子体験グループも、無事に学校schoolに帰ってきましたhappy01sign01


2月24日 グループワークの成果を、教員、下級生の前で発表しましたbud



発表の中には、水道水以外でも、専用フィルターに通すことで飲用水に変えることができるという優れものが紹介され、みんなで試飲しましたdelicious

災害時に看護学生でもできることの一つとして、毎年、自治会総会で炊き出しを行いますsign01今年度のメニューは、クリームシチュー、缶パン、乾パン、そしてお茶です。

その様子は、次のトピックスで紹介予定ですwinkpaper