HOME › 459歳時記

459歳時記

エイプリルフール

新生活の始まり

新生活の始まり

2017年を迎え、あっという間に1月は行ってしまい、2月は逃げてしまい、3月は去ってしまい・・・

気づけば外は暖かくなり4月が来てしまいましたね。

そんな4月といえば何が思い浮かびますか?!

入学式や入社式、そしてお酒を飲みながら桜の木の下でお花見などいろいろな行事やイベントがあると思います。夜桜なんかも綺麗ですよね~。

そして4月は3月で卒業された学生さん達の新生活の節目でもあります。

 

思い起こせば、1年前に私も本校の教員として入職し、そして本校も創立60周年という節目でもありました。

そんな中、皆様に重要なお知らせがあります。

この度は本校創立60周年というこの節目に、いきなりではございますがこの4月に香川県宇多津町から、四国は四国でもお隣の徳島県に引っ越すことになりました。

香川県から離れてしまいますが、徳島県に行ってもこの大麻学園 四国医療専門学校を盛り上げていきますので、今後ともよろしくお願い致します!!

 

なんてことがある訳ございません!!

 

皆さん!もう1つ4月のイベント忘れていませんか?!

エイプリルフールですよ!4月1日は国民が嘘をついても許される日!

よって今回、もちろん4月に香川県から徳島県へ引っ越すなんて嘘です。

騙してしまい申し訳ございません。

そもそもエイプリルフールって何なのか?

起源を調べてみると、いつどこでエイプリルフールの習慣が始まったかも分かっていないそうです。有力とされる起源説がいくつかあるようで今回はその中の1つを紹介させていただきます。

「その昔、ヨーロッパでは3月25日を新年とし、4月1日まで春の祭りを開催していたが1564年にフランスのシャルル9世が1月1日を新年とする暦を採用した。これに反発した人々が、4月1日『嘘の新年』とし、馬鹿騒ぎをはじめた。

しかし、シャルル9世はこの事態に対して非常に憤慨し、町で『嘘の新年』を祝っていた人々を逮捕し、片っ端から処刑してしまう。処刑された人々の中には、まだ13歳だった少女までもが含まれていた。フランスの人々は、この事件に非常にショックを受け、フランス王への抗議と、この事件を忘れないために、その後も毎年4月1日になると盛大に『嘘の新年』を祝うようになっていった。これがエイプリルフールの始まりである。」

だそうです。

そしてエイプリルフールには、
暗黙のルールがいくつか存在するって知っていましたか?

それは・・・

●午前中についた嘘は、午後にネタばらしをする。

●午後になったら嘘をついてはいけない。

●相手が傷つかない嘘をつく。

●嘘をつかれてもやり返してはいけない。

などなど、
エイプリルフールのルールもいろいろとあるそうです。
最近では大手企業もこぞって嘘を仕掛けてくるエイプリルフール。

今年はどんな嘘が出てくるのでしょうか?

ユーモアたっぷりの誰も傷つかない、
シャレタ”正しい嘘”をついて、
楽しい1日にしましょう!

皆さんもエイプリルフールだからと言って、

取り返しのつかないことになってしまう前に嘘はほどほどにしましょうね。

 

これからも本校の教員として学生のパワーに負けないよう、今年度も元気に頑張っていきますので、どうぞよろしくお願い致します。


2017年4月3日
鍼灸マッサージ学科・鍼灸学科 櫨元栄作