資料請求 REQUEST

オープンキャンパス OPEN CAMPUS

学園Topics

このトピックスを読むだけで脚を軽くしてみせます!!健康で長生きまつり♪令和ver.

学園・学校

2019年9月9日(月)

約1ヶ月半後に迫りました・・・ 今年も開催します、健康で長生きまつりsign03

 

さて健康の『健』は・・・ 『人』が『建てる』と書きますよね。

『建』には『作りあげる』という意味もあるそうです(by大辞泉)pencil

つまり・・・ 『人(民)』が集まればそこに『健康』が作りあげられますsign03

昨年度は大変多くの皆様にご参加いただき、健康を作りあげて持ち帰っていただきましたねhappy01scissors

※昨年度の様子はこちらから


今回のトピックスでは、昨年度に開催したワークショップのうち、本校理学療法学科の教員の中山が担当した『膝・肩・腰の痛み予防~楽に動けるコツを教えます~』の内容の一部を体験型で紹介いたしますwinkpaper



膝・肩・腰に痛みがある人or痛みを予防したい人、準備はよろしいでしょうかsign02


  • ①まずは椅子に座る(背中をもたれないように)
  • ②『ゆっくりと』左右3回ずつ、もも挙げをする 左右どちらの脚が重く感じたり、挙げにくかったりしましたか?
  • ③少しでも重く感じたり、挙げにくかったりした方の脚の太もも(前側)に両手の平を置く
  • ④膝から脚の付け根(股関節)の方向に、両手の平で『やさしく』3回ずつ、さする ※皮膚をさするだけなので圧を加えすぎないように、置いた手の平をそのまま動かしてさするだけですよ(^-^;
  • ⑤もう一度『ゆっくりと』左右3回ずつ、もも挙げをする

いかがですかsign02

重く感じた方の脚が挙げやすくなり、左右の重さが逆転した人がいたのではないでしょうかwink 

※効果には個人差がありますcoldsweats01

 

カラダの痛みは・・・ 歳をとったから痛いのではありませんsign03

筋力がないから痛いのではありませんsign03

痛い→力が入りすぎる→筋肉が神経や血管を締めつける→さらに痛い→さらに力が入る→・・・ という悪循環を断ち切るためには、軽い力で脚や腕や腰をスムースに動かせる健康なカラダ作りが大切なのですsign03

このように、昨年度の健康で長生きまつりのワークショップでは膝・肩・腰の痛みを和らげる工夫をたくさんお伝えしましたconfident

その場ですぐに軽いカラダになることを体験してもらった時の、参加された方の驚く表情が印象的でしたhappy02sign03

 

健康で長生きしたい皆さんsign03

10月20日(日)は本校の健民センターに集合するしかないですねhappy01note

小さいお子さんからご高齢の方まで、お誘い合わせの上、たくさんのご参加をお待ちしておりますhappy01paper