資料請求 REQUEST

オープンキャンパス OPEN CAMPUS

学園Topics

4年生の総合演習「採血」

看護

2018年11月27日(火)

看護学科では

1年次のバイタルサイン測定から始まり

足浴・おむつ交換、吸引や吸入、

酸素投与、輸液・注射など

4年間にさまざまな演習を行いますchick


今回は

まもなく卒業を迎える4年生が

採血の演習を行いましたsign01

 

採血については

2年次に授業の中で演習を行い、

手技を学んでいますconfident

 

今回は一連の手技を確認するだけでなく

「左上肢から抗がん剤を投与し

前日10時に抜針した、

出血傾向のある肺がんの患者さん」

という設定で行いましたclip

 

演習では現場さながら

それぞれの学生が真剣な様子で

作業のしやすさなどを考えて

物品の準備をしましたsign01

 

患者さまのベッドサイドでは

臥床している患者様と

眼の高さを合わせて採血の説明を行い、

医師が指示を出した

検査項目や患者様の確認、

清潔不潔の区別など

4年間の実習や授業での学びを統合して

演習に臨みましたflair



採血は患者様にとって

体を侵襲され痛みを伴う処置であり、

看護師にとっても

感染のリスクを伴う手技です。

 

お互いの安全に配慮しながら、

確実な手順で採血ができていましたwinkgood

 

来年春には、

新人看護師として

奮闘することになる4年生ですcherryblossom

 

4年生にとって、

この時期の演習は学校で学んだことを

統合する機会であるとともに、

看護師としてスタートするにあたって

「レディネス形成

(知識と技術の準備を整えること)」

という大切な意味もありますconfident

 

総合演習が臨床での成長を

大きく力づけてくれるよう

期待していますsign01

 

4年生の皆さん、おつかれさまでしたhappy01paper