資料請求 REQUEST

オープンキャンパス OPEN CAMPUS

学園Topics

スポーツ現場実習「オリーブマラソン」

鍼灸

2018年5月27日(日)

鍼灸マッサージ学科の学生が、

スポーツ現場実習として、

小豆島で開催された

第41回オリーブマラソン

スポーツマッサージブース

に参加しました。

 

このイベントは、

本校卒業生で、

香川県鍼灸マッサージ師会会長の

山本英介先生

市民ランナーのスポーツ障害予防のため

長年取り組んでいるもので、

これまでスポーツマッサージに

関心を持つ学生が

20年近くお世話になっていますconfident



大会に合わせ、朝6:00に

高松東港をフェリーで出発ship

 

学生達もランナーに負けないぐらい

やる気満々ですsign03winkrock

 

実習前には山本先生とのミーティングchick

 

「レース前後、ランナーが訴える

痛みの部位は色々」など、

先生から長年の臨床経験を踏まえ、

具体的にその対処法を

ご指導いただきましたconfident



コンディショニングブースを

円滑に運営するには

大会のスケジュールを熟知し、

役割分担や緻密な準備が

必要なことも学びましたsign01

 

もちろんその為に十分な練習をしましたねwinkscissors



レース前後のランナーへの対応など

あわせて250名近い方にご利用いただき、

参加した学生と引率教員ともども

良い経験となりましたflair

(小豆島はオリーブが有名で、

マッサージオイルもオリーブです。

そして、鍼灸マッサージ学科のTシャツも

緑でオリーブカラーでしたsmile



この日、人口14,000人の島に

集まったランナーは約5,200名run

 

参加ランナーの輸送、

給水や食事、救護やトイレの設営に至るまで、

マラソンには行政や医療など

様々な支援が必要だということも分かりました。

 

同時に、スポーツには

地域の活性化や経済効果だけでなく、

人と人とのつながりを強化する

様々な効果があることも分かりましたsign01



有意義な学びをご提供いただいた

山本先生、

小豆島の皆様、

そしてランナーの皆様、

本当にありがとうございましたsign03

 

この経験を活かし、

スポーツ分野でも活躍できる治療家

を目指しますhappy01rock