資料請求 REQUEST

オープンキャンパス OPEN CAMPUS

学園Topics

基礎看護学実習Ⅰの学び

看護

2017年12月22日(金)

看護学科1年生

11月20日・21日と12月15日~21日の7日間

坂出市立病院・KKR高松病院・

香川労災病院・屋島総合病院

の4か所に分かれて

実習を行いましたbud

 

そして、

基礎看護学実習Ⅰを終えての学びと

今後の課題について発表しましたclip



  • ・「コミュニケーションを図ることの難しさ、自分の知識・技術の未熟さを痛感したが、未熟な援助でも患者さんから『ありがとう』との言葉をいただき、感動し、より強く看護師になりたいと思えた」
  • ・「自分のやりたい看護をするのではなく患者さんが望んでいる看護をすることが大切だと思った」
  • ・「気づくことの大切さ、気づくためにはいつも何か変化はないかと考えながら患者を観ていかないといけないと思った」

など自分の未熟さを感じながらも、

今後の課題をしっかりと見つけ、

看護師になるために努力し続けることの大切さ

実感する実習となったようですhappy01sign01

 


質疑・応答についても

活発な意見交換がありましたshine



言葉で伝えることができない患者さんとの

コミュニケーションで

どのようなことに注意したかなど、

自分たちの経験も踏まえての

質問がありましたsign01

 

また、自分達では考える事ができなかった

援助の工夫も知ることができ、

すごくよい学びになった

との意見もありましたconfident



7日間の短い実習の中で、

知識・技術が未熟であった

との反省もありましたが、

素晴らしい気づきができていましたsign01

 

これからもしっかり共に考えて

学習していきましょうhappy01rock