資料請求 REQUEST

オープンキャンパス OPEN CAMPUS

学園Topics

学術大会で学生がポスター発表!

鍼灸

2017年10月11日(水)

大阪国際交流センターで開催された、

(公社)東洋療法学校協会学術大会にて、

鍼灸マッサージ学科・鍼灸学科

学生学術研究班が、

「心拍変動解析からみる鍼灸刺激の影響

~百会穴・失眠穴での検討~」

というテーマでポスター発表を行ってきましたhappy01



同学術大会は

今年で39回目を迎える伝統ある学術大会で、

本校からは今年で11回目の参加となりますflair

 

また、

大阪ガス株式会社 

北京オリンピック陸上銅メダリスト 

朝原宜治先生による

「アスリートが求める治療者とは」

岐阜大学医学教育開発研究センター 

センター長 

藤崎和彦教授による

「医師とコミュニケーションをとるために」

の2講演も行われましたsign01


ポスター発表では

協会に加盟する45校の学生や教員が参加し、

活発なディスカッションが行われましたflair

 

本校は今までの研究(平成25年度・28年度)を組合せ、

百会穴への鍼刺激と失眠穴への透熱灸を併用することで、

自律神経活動がどのように変化するか調査し発表しましたbud


同研究は学生が主体となり、

春から研究プランを立案、

夏季休業中にデータを採取し、

大会前日までかかってまとめ上げた

努力の結果ですwinkrock

 

正直、研究当初に立てた仮説通りとならず、

判断の難しい結果となりましたが、

鍼・灸単独ではなく併用したときのみ、

安静時と比較し

刺激中に副交感神経の活動が

有意に亢進する、

などの興味深い結果も観察されましたconfident


ギャラリーからはたくさんの質問がなされましたが、

一つひとつ落ち着いて応対することができていましたwinkgood


その甲斐あってか、

優秀な学生発表に対し、

同学術大会協賛企業ご協力のもと授与される、

「医歯薬出版賞」

を受賞することができましたhappy02shineshine

 

同研究にご協力いただいた全ての方に、

心より感謝申し上げますsign01

 


来年は東京での開催となります。

 

今回の経験を活かし、

より良い研究発表ができるよう

研鑽を積んでもらいたいと思いますhappy01flair

 

お疲れ様でしたsign01