資料請求 REQUEST

オープンキャンパス OPEN CAMPUS

学園Topics

ハンセン病市民学会総会・交流集会に参加!

看護

2017年5月19日(金)

第13回ハンセン病市民学会

総会・交流集会in香川・岡山

『島と生きる』

看護学科2年生

参加しましたhappy01

 

学会は、高松市沖の離島にある

国立ハンセン病療養所

「大島青松園」

で開かれましたsign01

 

シンポジウムでの発表、

そしてスタッフの一員として、

シンボルである『風の舞』

背中に印刷したTシャツを着て

受付や乗船までの誘導

などを行いましたwinkbell

 

大島に到着後、

お昼ご飯にうどんと稲荷ずし

をおいしくいただきましたdeliciousrestaurant



シンポジウムでは、

「未来について私たちができること~思いをつなぐ~」

と題して、

大島青松園の未来について

発表しましたflair

 

看護学科は、

今年10周年を迎えましたsign01

 

開校時より、

教育理念に基づき、

『心豊かな人間性を養う』

ための機会として、

大島青松園での見学

を行っていますconfident

 

見学の前には、

ハンセン病を理解する取り組みとして、

「風の舞」DVDの鑑賞をし、

事前学習やグループ討議、

発表によって

学習を深めてから見学することで、

座学では学べない機会としています。



今回、

シンポジウムに参加するにあたり、

ボランティア活動へ参加し、

入所者からの講話、調べ学習によって、

「語り継いでいくことが

大島の悲しい歴史を繰り返さないことに

つながると信じている」

と発表しましたclip

 

この発表についてテレビや新聞に

多く取り上げていただきましたsign01

 

シンポジウム前後で、2つに分かれて、

フィールドワークでは、

盲人のための道しるべとして

白い線を引いてある道路や、

道によって流す音楽を変えている道を、

案内していただきました。

 

高台まで行くと四国四県を表現した

4種類の小石を積み上げた

「風の舞」と呼ばれているモニュメント

を見学しました。



そして、今後も

継続的な学習活動を続け、

大島青松園の悲しい歴史を

繰り返さないよう、

思いをつないでいきたい

と改めて誓いましたconfident


3月に植えたひまわりの種が、

2か月でここまで大きくなっていますwink


発表の最後に、

「太陽に向かってまっすぐ咲く

ひまわりのように、

私たちも明るい未来に向かって

正しく生きる人間でありたい」

そう発表しましたbud

 

また、7月1日(土)

四国医療専門学校学園祭でも

「ひまわり食堂」として

健康をテーマとした食堂を開く予定ですrestaurant


大島青松園で感じた思いを

大切にしていってほしいと思いますsign01