HOME › 学園Topics › 2016年度 › 今月の健康教室(3月)

今月の健康教室(3月) 鍼灸 柔道

2017年3月16日(木)

今年度、最後の

健康教室

を開催しましたhappy01sign03

 

テーマは

「排尿障害について」ですflair

 

当日は39名のご参加をいただきましたchick

 

ご参加いただいた皆さん、

ありがとうございましたhappy02sign03


はじめに、

附属鍼灸治療院

大網先生の講義ですclip

 

今回は

排尿障害の頻尿

(過活動膀胱・前立腺肥大)と

尿漏れ

(腹圧性失禁・切迫性失禁)

についての講義ですsign01

 

まずは排尿のメカニズムや

男女の泌尿器の違い

などを説明した後に

「過活動膀胱」と「前立腺肥大」

について説明がありましたconfident

 

過活動膀胱とは、

「尿の回数が1日8回以上、かつ、

我慢しがたい尿意(尿意切迫感)が

週1回以上あること。」

とされ、

頻尿、尿意切迫感、切迫性尿失禁

などを症状とした疾患です。

 

対策として

トイレに行くのを我慢する

「膀胱訓練」

が紹介されましたflair

 

男性の参加者が2名と少なく

「前立腺肥大」については、

ポイントだけの説明となりました。

 

参加者の多くの方が悩んでいる

「夜間頻尿」については、

詳細に原因や対策が説明されましたclip

 

最後に尿失禁の対策として

「骨盤底筋体操」

を参加者の皆さんで行いましたrun

 

「骨盤底筋体操」は

尿漏れに効果が期待できるだけでなく、

姿勢改善やウエストサイズ減

も期待できるというメリットがありますので

積極的に行って下さいwinksign01


次は、附属鍼灸治療院スタッフ

嘉数先生の講義ですclip

 

東洋医学の考え方で、

排尿障害は下半身の冷えが原因で起こる

「腎陽虚タイプ」

膀胱の感染症によって起こる

「膀胱湿熱タイプ」

の2つのタイプに対するツボ

をご紹介しましたspa

 

そして、お灸体験の時間では

頻尿の改善が期待できる

足のツボを紹介し、

実際にお灸をすえていただきましたfoot

 

自分でも簡単に

灸をすえることができる

足のツボを紹介しましたsign01

 

ぜひ、ご自身でお灸を

すえていただければ幸いですhappy01


4月からは、

附属鍼灸治療院1名、

附属接骨院2名が

新しいスタッフとして、

皆さんをお待ちしておりますので、

4月からも引き続き

ご参加をよろしくお願いしますhappy01paper

 

来月は

4月20日(木)

に開催予定で、テーマは

「筋膜ストレッチについて」ですsign03