資料請求 REQUEST

オープンキャンパス OPEN CAMPUS

学園Topics

勉強会でさらにスキルアップ

鍼灸

2014年3月9日(日)

この日、四国医療専門学校では在校生・卒業生・教員を含め2つの勉強会が開催されました  sign01

3階では香川県鍼灸師会主催生涯教育講座が行われ、明治国際医療大学准教授伊藤和憲先生による「慢性痛に対する鍼灸治療」の講演と実技が行われました。


伊藤先生は、慢性痛治療について、

  • one急性か慢性かの区別が必要である。
  • two慢性痛では、患者との導入から管理まで一連の治療と考えるべき。相手の立場になって痛みを考える必要がある。疾患ではなく原因を考える。鍼灸治療の機杼を考えて治療を行う。痛みについての伝道者になる。
  • three鍼灸師は慢性痛患者のよき理解者としてペインマネジャーになる必要がある。

と、「痛み」について、様々な角度から具体的に、幅広く、ご教授くださいました。

参加者の皆さん、熱心に聴かれていたのが印象的ですflair

県内外から多くの卒業生も参加し、大変有意義な研修会となりましたhappy01 sign03


また4階教室では毎月開催している経絡治療学会うたづ部会の講習会が行われましたsign01

この会では古典的な鍼灸の勉強を行っておりますが、講義だけでなくディスカッションを行い、質問を出しやすい環境を目指して学習が行われていますconfident



さらに時同じくして愛媛県松山市では愛媛中医学研究会特別講座として「不妊症に対する中医鍼灸治療」に関する勉強会も開催され、本校から多数の教職員、生徒が受講しましたsign01



医療従事者は生涯勉強ですが、本校や学校近隣には様々な研鑽の場があり、また多くの生徒・卒業生が参加していますhappy01

みなさん頑張ってますねwinkrock