資料請求 REQUEST

オープンキャンパス OPEN CAMPUS

学園Topics

経絡治療学会学術大会で鍼灸実技公開

鍼灸

2012年3月25日(日)

3月24日、25日の2日間にわたり、東京有明医療大学において「第27回経絡治療学会学術大会東京大会」が開催されました。テーマは「21世紀の経絡治療~経絡治療を世界基準に~」 、全国から500名の鍼灸師が集まりました。



大麻陽子学科長は、 「美容鍼と経絡バランス」の鍼灸実技を公開しました。経絡治療で全身調整をしたあと、頭部・顔面部の美容鍼を行うと、さらに効果が現れることを実技を通して説明されました。また、身体のバランスの診かたや整えかたもあわせて紹介されました。流れるような手技とやさしい鍼は参加者から好評を得ていました。



大会では一般発表のほか、櫻井康司先生の会頭講演「鍼灸 未来への一歩」、篠原孝市先生の教育講演「古典から見た経絡治療」、岡田明三先生の会長講演「WHOの標準経穴と経絡治療の要穴について」、東郷俊宏先生の特別講演「国際標準化と鍼灸の用語」がありました。


また、大会最後のシンポジウム「21世紀の経絡治療」では、経絡治療学会の役員を務める先生方がシンポジストを担い、さまざまな視点から活発な討論が繰り広げられました。



今回の学術大会で経験したこと、学んだことを在校生、卒業生の皆さんにもお伝えしてまいります。「鍼灸」はますますカッコよく、おもしろくなりますよhappy01