ホーム › 入学案内 › 学費サポート

学費サポート

夜間部併修者優遇制度 new!

2018年度入学生より、夜間部との併修や卒業生の夜間部入学の場合、夜間部授業料の1/3を軽減する制度です。
同時入学優遇制度、在校生・卒業生優遇制度と合わせて、適用されます。

対象学科 鍼灸学科 2部・柔道整復学科 2部・スポーツ医療学科
対象者と奨学内容 (1) 昼間部と夜間部に同時入学の方は、夜間部の授業料の 1/3を減額
(2) 昼間部の在籍者が夜間部の他の学科を併修する場合、夜間部授業料の1/3を減額
(3) 本校卒業生が夜間部に入学する場合、夜間部の授業料の 1/3を減額
減額時期 後期授業料納付時に、その年の減額分を相殺
(参考)
具体的な負担軽減額
・鍼灸学科 2部に入学の場合
284,000円 × 3学年分  合計 852,000円
・柔道整復学科 2部に入学の場合
284,000円 × 3学年分  合計 852,000円
・スポーツ医療学科に入学の場合
267,000円 × 2学年分  合計 534,000円

※上記(1)または(2)のケースでいずれか一方の学科を退学した場合には、それ以降の制度適用はありません。
※夜間部学科を休学する場合には、休学に伴う授業料減額制度の適用はありません。

同時入学優遇制度

短期間で多くの知識や技術を身につけ、より一層幅広い分野で活躍されたい方のために、昼間部及び夜間部の異なる学科への同時入学の場合、一方の学科の入学金を全額免除する制度です。

例)主な併修モデル

学科 通常必要な入学金
(入学手続日までに必要)
制度適用後
(入学後→申込・手続を経て返還)
柔道整復学科1部(昼間部)+鍼灸学科2部(夜間部) 600,000円 300,000円
鍼灸学科1部(昼間部)+柔道整復学科2部(夜間部)
鍼灸マッサージ学科+柔道整復学科2部(夜間部) 1,050,000円 750,000円
柔道整復学科1部(昼間部)+スポーツ医療学科 450,000円 300,000円
鍼灸学科1部(昼間部)+スポーツ医療学科
理学療法学科+スポーツ医療学科 450,000円

300,000円

※入学後、所定の手続きを経て、一方の学科(入学金が低い学科)の入学金を返還します。

在校生・卒業生優遇制度

本校在校生・卒業生の方の学ぶ意欲を支援するための学費サポート制度です。在校生または卒業生が本校の別課程へ進学の場合、入学金の全額または半額が免除されます。

例)主な進学学科モデル

学科 通常必要な入学金 制度適用後
鍼灸学科もしくは柔道整復学科への進学 300,000円 0円
スポーツ医療学科への進学 150,000円 0円
鍼灸学科+柔道整復学科への同時進学 600,000円 0円
柔道整復学科+スポーツ医療学科への同時進学 450,000円 0円
鍼灸マッサージ学科への進学 750,000円 375,000円
理学療法学科もしくは作業療法学科への進学 300,000円 150,000円
看護学科への進学 150,000円 75,000円
  • ※平成24年度にスタートした「リピーター支援制度」も本制度に組み込んでいます。
  • ※上記以外の昼間部・夜間部の同時入学をお考えの在校生・卒業生の方は別途ご相談ください。
  • ※入学対象学科が鍼灸学科・柔道整復学科・スポーツ医療学科の場合、合格時から入学金の納付は必要ありません。
  • ※入学対象学科が鍼灸マッサージ学科・理学療法学科・作業療法学科・看護学科の場合は、入学後、所定の手続きを経て、入学金の半額を返還します。

ご家族優遇制度

本校卒業生・在校生のご家族[子、父母、兄弟姉妹、孫、祖父母(いずれも血族に限る)または配偶者]の入学の場合、入学金の半額が免除される制度です。※ご家族が複数名同時に入学される場合も含みます。

学科 通常必要な入学金
(入学手続日までに必要)
制度適用後
(入学後→申込・手続を経て返還)
鍼灸マッサージ学科 750,000円 375,000円
鍼灸学科、柔道整復学科 300,000円 150,000円
理学療法学科、作業療法学科 300,000円 150,000円
看護学科、スポーツ医療学科 150,000円 75,000円
  • ※入学後、所定の手続きを経て、一方の学科(入学金が低い学科)の入学金の半額を返還します。

銀行等の提携教育ローン

  百十四銀行提携教育ローン オリコ学費サポートプラン
ご利用いただける方
  • お申込み時の年齢が満20歳以上65歳未満の方
  • 勤続年数が1年以上の方
  • 安定継続した収入が年間150万円以上の方
  • 保証会社の保障が得られる方
ご入学または在学される学生の保護者様または、本人(社会人に限ります)。
年収・学力に制約はありません(安定した収入のある方)。
実質年率 固定金利年2.5% 固定金利年3.9%
ご融資金額 10万円以上500万円以下 10万円以上500万円以下
お支払い方法 毎月元利均等分割払い
  • ※ボーナス時増額返済も併用可能。
  • ※在学期間以内+6ヶ月までは元金の返済を据え置くことができます。
  • ステップアップ返済
    在学中はご利用累計額の元金を据え置き、利息のみを納入。元金は卒業後に通常返済で納入。
  • 親子リレー返済
    在学中は親権者の方が納入し、卒業後に学生が残額を引き継いで納入。
  • 通常返済(ボーナス併用可)
    在学中からご指定いただいた金額を納入する方式。
お申込・お問い合わせ 「百十四銀行提携教育ローン」の詳細・お申込みはこちらから
(別のウインドウが開き、百十四銀行のサイトへ移動します。)
  • ダイレクトローン受付センター
    フリーダイヤル 0120-091296
  • 宇多津支店
    0877-49-0011
「オリコ学費サポートプラン」の詳細・お申込みはこちらから
(別のウインドウが開き、オリコのサイトへ移動します。)
鍼灸マッサージ・鍼灸学科
柔道整復学科
理学・作業療法学科
看護学科
スポーツ医療学科

日本学生支援機構奨学金制度

日本学生支援機構の奨学金は、経済的な理由により進学が困難である優れた学生等に対して、無利子又は有利子で毎月定額を貸与する制度です。
貸与終了後は、返還の義務が生じ、毎月決められた金額を返還します。
申込みに基づいて選考を行い、採用の可否を決定します。

(平成29年度実施内容)

  第一種奨学金(無利子) 第二種奨学金(有利子※1)
学力の基準 予約採用 入学前に奨学金を申し込み、予約する制度で、申し込みは進学予定の前年に在学している学校(高等学校)を通じて行われます。進学前に採用の可否がわかるので安心して進学できます。
在学採用 [1]高等学校最終2ヵ年の成績の平均が3.2以上
[2]高等学校卒業程度認定試験合格者
[3]家計支持者(2人いる場合は2人とも)が住民税非課税者であり、特に優れた学習成績を修める見込みのある者
[1]出身学校で学業成績が平均水準以上の人
[2]特定の分野で特に優れた資質を有する人
[3]学修に意欲があり、学業を確実に修了できる見込みがある人
[4]高等学校卒業程度認定試験で、上記のいずれかに準ずると認められた人
貸与月額 自宅通学 30,000円 自宅通学か否かでそれぞれ2種類から選択
(貸与期間中に金額変更可能)
3万円、5万円、8万円、10万円、12万円の
5種類から選択
(貸与期間中に金額変更可能)
53,000円
自宅外通学 30,000円
60,000円
申込時期
(在学採用)
4月(年1回)
初回振込時期 予約 5月または6月
在学 7月 7~9月

入学時特別増額貸与奨学金(一時金)(入学年度の4月のみ申込可)
希望により、10万円、20万円、30万円、40万円、50万円のいずれか1つを申込時に選択することができます。振込は第一学年の第一種及び第二種奨学金の初回振込と同時に振り込まれます。ただし、これの対象者は、「国の教育ローン」を利用できない人です。(年利率3.2%を上限とする利息がつきます。)

※1 在学中は無利子・卒業後より年利率3%を上限とする利息がつきます。
•過去に同機構の奨学金を貸与したことがある者は、申込できない場合があります。

日本学生支援機構ホームページでは「奨学金貸与・返還シミュレーション」など詳しい情報が提供されています。
日本学生支援機構(別のウインドウが開き、日本学生支援機構のサイトへ移動します。)

国の教育ローン(日本政策金融公庫)

入学金、授業料、教科書代、アパートの敷金・家賃など、入学時や在学中に必要とされる資金を融資する公的な制度として、「国の教育ローン」があります。
本校に入学・在学する学生の保護者の方は、これを申し込むことができます。

(平成28年11月10日現在)

融資額 学生1人あたり 350万円以内
対象者 学生の保護者(主に生計を維持されている方)で、世帯年収(所得)が一定額以下の方
※審査の結果、融資を受けられない場合があります。
利率 年1.81%(平成28年11月10日現在)
母子家庭、父子家庭または世帯年収200万円(所得では122万円)以内の方は1.41%
返済期間 15年以内(交通遺児家庭・母子家庭、父子家庭または 世帯年収200万円(所得では122万円)以内の方は18年以内)
返済方法 ・元利均等返済(元金と利息を合わせた毎月の返済額が一定)
 ※ボーナス月(年2回)の増額返済も可能です。
・元金据置(在学期間中は利息のみのお支払いが可能)

お申込みに関するご相談は教育ローンコールセンターへお願いします。
TEL:0570-008656(ナビダイヤル)
営業時間:(月~金)9:00~21:00 (土)9:00~17:00 ※日曜、祝日、年末年始は除く

日本政策金融公庫(別のウインドウが開き、日本政策金融公庫のサイトへ移動します。)

新入生授業料減免制度(修学支援給付金支給制度)

本校での就学意欲と能力のある者が経済的理由により進学を断念することがないよう、経済的支援を目的とした授業料減免制度です。授業料のうち、20~30万円を後期の納付金額と相殺する形での減免です。

〈対象者〉
入学年度の7月末日において、以下のすべてに該当する方

  1. 鍼灸学科(1部・2部)、柔道整復学科(1部・2部)、スポーツ医療学科のいずれかの第1学年に在籍する学生であること。
  2. 日本学生支援機構第一種奨学金もしくは、香川県大学生等奨学金の受給者であること。
  3. 以下(1)~(3)のいずれかに該当する方
    (1)生活保護世帯の方、(2)個人住民税所得割非課税世帯の方、(3)所得税非課税世帯の方

対象学科減免額
鍼灸学科1部、柔道整復学科1部300,000 円
鍼灸学科2部、柔道整復学科2部、スポーツ医療学科200,000 円

※本制度利用者は、国による経済的支援策(平成28・29年度)により、さらに10~15万円が納入金額から減免される場合があります。
※詳しくは本校までお問い合わせください。

教育訓練給付制度

「教育訓練給付制度」とは、働く人が更にキャリアアップを目指して資格等を取得したいと思った時に、これを支援し、雇用の安定と、再就職の促進を図ることを目的とした雇用保険の給付制度です。一定の条件を満たす雇用保険の一般被保険者(または一般被保険者だった離職者)が、厚生労働大臣が指定する教育訓練講座を受講した際、受講費用の4割、また追加給付を加えると最大で年間48万円給付される見込みです。
また専門実践教育訓練給付金の受給資格を持つ方のうち、受講開始時に45歳未満、かつ訓練期間中失業状態にある場合など一定の条件を満たす場合には、訓練期間中に「教育訓練支援給付金」の給付を受けることができます。
※本制度の対象となる学科については、平成29年6月以降に本校ホームページでお知らせいたします。
※教育訓練給付金を受給するには、受講開始の1か月前までに申請手続きを完了する必要があります。
※詳細はお近くのハローワークにお問い合わせください。

香川県社会福祉協議会 教育支援資金

香川県にお住まいの方を対象に、月額6万円以内(無利子)で貸付が受けられる「教育支援費」の他、入学時に必要な経費として、50万円以内の貸付が受けられる「教育支度金」もあります。詳しくは香川県社会福祉協議会(087-861-5613)までお問い合わせください。また、香川県以外にお住まいの方は、お住まいの地域の社会福祉協議会にお問い合わせください。

その他奨学金制度・教育ローン

銀行の教育ローンの他、地方公共団体の奨学金もご利用いただけます。
※詳しくは、銀行、各自治体の窓口にご相談ください。また、受験希望者の状況によっては、下記の奨学金・貸付制度もご利用の対象となります。

香川県看護学生修学資金貸付制度(看護学科の学生のみ)

卒業後、香川県の条例規則で定められた施設等において、看護職員の業務に従事しようとする者を対象に、入学後の選考により、香川県から修学資金(月額5万円)を貸し付ける(無利子または10%)とともに、一定要件の下に一部返還免除する制度です。
募集内容については、香川県のホームページにてご確認ください。

母子寡婦福祉資金貸付制度

母子家庭の母子寡婦等に対し、進学資金などを貸付ける制度です。
詳しくは、居住する市町村の福祉課にお問い合わせください。

交通遺児育英会奨学生制度

保護者などが道路上の交通事故などで死亡したり、重度の後遺障害のために働けず、経済的に進学が困難な学生(申請時29歳までの人)に奨学金を貸与する制度です。
詳しくは、(公財)交通遺児育英会(フリーダイヤル/0120-52-1286)にお問い合わせください。

あしなが育英会

20歳未満の時に保護者が病気・災害(交通事故は除く)などで死亡したり、重度の後遺障害で働けず、経済的に進学が困難な学生に奨学金を貸与する制度です。
詳しくは、あしなが育英会(03-3221-0888)にお問い合わせください。