資料請求 REQUEST

オープンキャンパス OPEN CAMPUS

スポーツ医療学科カリキュラム

カリキュラム

共通科目

科目名 内容
スポーツ人間学 スポーツを通して人間同士のコミュニケーションの大切さを学びます。
スポーツ経営学 スポーツ組織の運営や管理について、法的な知識も含めて学びます。
コーチング論(I・II) スポーツ指導者としての基本的な指導方法、指導者としての姿勢を学びます。
発育発達論 成長期の子どもの特徴を知り、指導上で配慮する事項を学びます。
スポーツ医学(I・II) 内科、整形外科分野で、スポーツ選手に起こりえる疾病や外傷障害を学びます。
スポーツ英語 外国人選手に対しての指導上必要な英語を学びます。
トレーニング科学I 各種トレーニングの基礎を学びます。
スポーツ心理学I 心理学の基礎を学びます。
スポーツ栄養学I 栄養学の基礎を学びます。

専門科目

科目名 内容
アスレティックトレーナーの役割 医科学スタッフの一員としてスポーツ競技者に関わるアスレティックトレーナーとして必須の、知識・技能・態度について学びます。
トレーニング科学(II・III) 各種トレーニングの理論と実践を専門的に学びます。
スポーツ心理学II スポーツ競技者のメンタルトレーニングやカウンセリング技法などを学びます。
運動器の解剖と機能(I~III) 形態解剖学にとどまらず、スポーツ医科学スタッフに必須の機能解剖学について学びます。
スポーツ医学III 共通科目に比較し、より専門的内容に加え、ドーピングに関する専門知識を学びます。
スポーツの外傷と障害(I・II) スポーツで起こり得る外傷・障害を学び、予防と早期競技復帰を目指します。
スポーツ動作の観察と分析 各種スポーツの特有の動作を専門的に分析し、外傷・障害に至った原因を明らかにし、非効率なフォームの改善し、競技力向上を目指します。
検査の測定と手法(I~II) スポーツ競技者のフィジカル(身体的)の状態を、専門的に測定する手法を学びます。
コンディショニング(I~III) スポーツ競技者のコンディショニングを整えるための技法として、テーピング、スポーツマッサージ、ストレッチングなどを学びます。
アスレティックリハビリテーション(I~III) 外傷・障害を負ったスポーツ競技者を、スポーツ現場に早期に復帰させるためのプログラムを立案・実践する手法を学びます。
救急処置 スポーツ現場で起こり得る外傷・内科的疾患に対する救急法を学びます。
スポーツ栄養学II スポーツ競技者の競技力を向上させる目的で、栄養摂取・水分補給の専門的な知識と方法を学びます。
運動生理学 骨格筋・神経・呼吸循環機能を中心に、運動を行うことによって起こる身体の変化について学び、競技者の競技力向上に活用します。
バイオメカ二クス バイオメカ二クスとは、身体運動学あるいはスポーツ力学ともいわれ、人体の骨・筋を中心とする力学的作用について学びます。

現場実習

アスレティックトレーナーとして必要な現場での技能を身につけるために5段階の実習をします。

  1. 観察実習
  2. 検査測定とアスレティックリハビリテーションプログラム作成実習
  3. スポーツ現場実習(救急も含む)
  4. アスレティックリハビリテーション実習
  5. 総合実習

現場実習