資料請求 REQUEST

オープンキャンパス OPEN CAMPUS

理学療法学科カリキュラム

カリキュラム

基礎分野

科目名 内容
倫理学 近代の倫理思想と現代の生命倫理について概要を学びます。
国文学 日本民話の代表的話型を知るとともに、民話を素材とした日本児童文学の代表的な作品を読み進めます。
生物学 生命現象を深く理解でき、最先端医療についても理解できる能力を身につけます。
数学 「統計学」に必要な「数学」の基礎を学習します。
統計学 理学療法士として業務上必要な統計的センスを養います。
物理学 力学、波動、波動、熱、電気・磁気、原子などについての基礎的な考え方について理解を深めます。
情報科学 パソコン演習を通じて、操作に慣れるとともにスキルアップを図ります。
英語 基礎的な英語の読解・会話能力を養います。
社会福祉論 社会福祉固有の問題点をとらえ、これからの社会を支える医療人としてのあるべき姿を考えます。
医学英語 理学療法士に必要な医学的知識について、医学英語を通して修得します。

専門基礎分野

科目名 内容
解剖生理学I 身体の基本的構造を学習し、人体を構成する細胞・組織をはじめ中枢神経系の形態と機能を理解します。
解剖生理学II 人体を構成する各臓器の正常な機能を学習します。
解剖生理学実習I・II 人体の構造を、解剖実習を通して理解します。
運動学I・II 骨・関節・筋の基礎知識を深め、関節の運動、筋の作用について理解します。
人間発達学 人間を成長を発達の観点からとらえ、胎児期から老年期へ連続的に発達していくことを知り、理解を深めます。
病理学 疾病の原因,病変の発現機序,それらの相互関係ないし因果関係を考察しつつ、正しい疾病観と疾患の具体的概念を会得し、理論と同時に臨床医学への基礎づくりを目標としています。
薬理学 現場で使用される医薬品の使用目的、使用法、その薬品の作用や出現頻度の高い副作用についての知識を学びます。
臨床心理学 精神症状とその背景メカニズムや臨床心理学的介入技法を理解します。
精神医学 リハビリテーションを行ううえで必要とされる精神科領域での疾病や障害に対する理解を深めます。
整形外科学 運動器疾患の治療の中でもリハビリテーションの重要性について理解を深めます。
脳神経外科学 リハビリテーションの対象として、脳神経外科疾患の頻度は高いと言えます。実際の臨床例も交えながら、リハビリテーションスタッフに必要な脳神経外科の知識を整理・修得します。
内科学 幅広い内科学を具体的な症例を参考にして疾患概念・病態について学習を進め、治療及び予後を理解します。
神経内科学 神経内科領域の医学用語を理解します。
小児科学 小児疾患についての理解を深めます。
リハビリテーション概論I リハビリテーションの社会や医療におけるかかわりを理解し、その重要性を認識します。
リハビリテーション概論II 保険医療従事者として必要な保健・医療・福祉に関する諸制度と作業療法の概要を学びます。

専門分野

科目名 内容
理学療法概論 理学療法について学ぶとともに、高い医学的倫理を身につけます。
基礎研究方法論 研究の重要性、手法・実際の供覧、研究データの分析方法、研究論文の作成、研究発表方法などを学習します。
臨床運動学 正常動作・姿勢の理解、各疾患の異常動作の分析を視聴覚教材や、動作の模倣、異常動作の誘導等を手段として演習形式で学びます。
基礎理学療法学I・II 理学療法における基本となる筋力強化や治療の主となる姿勢制御や運動制御、運動学習に関する知識について学習します。
症例検討I・II 実習で経験した症例を通して理学療法士としての視点・思考を養います。また、担当症例に関する情報を限られたスペースでまとめることを経験します。
理学療法セミナーI・II 理学療法士としての基本的な知識・技術について総合的な学習を行うことで知識の整理を行います。
関節可動域検査法 関節可動域測定・訓練に必要な知識・技術を修得します。
徒手筋力検査法 徒手筋力検査法の基本的な考え方・知識・手技を学びます。
基礎評価法 患者の基礎的な情報の種類と収集法、各種検査・測定の意味と方法に関して理解を深めます。
評価学実習(I・II) 理学療法に必要な検査・測定の方法・技術を修得します。
筋肉の形や筋線維の方向、解剖学的特徴などを学習し、骨格筋を徒手で評価・治療するために必要な知識、技術を修得します。
理学療法評価法 理学療法士として遭遇する頻度の高い疾患を取り上げて、疾患別の評価方法を学びます。
物理療法学 物理療法が持つ生体への物理学的特性や生理学的作用を学び、適応や禁忌、機器の使用方法を学習します。
義肢装具学 理学療法士が治療に用いることの多い装具と義足について基本的な構造と考え方について学習します。
運動療法I~V 様々な疾患に対する知識の習得および評価や理学療法が実施できる能力を養います。
運動療法演習I・II 各種疾患においての基礎的な運動療法を中心に学び、技術を修得します。
日常生活活動 リハビリテーションにおけるADLの位置づけ、評価の目的、方法などを学習します。
理学療法技術論I~III 徒手療法、スポーツ医学などの実践的な治療法を学びます。
住環境学 住環境を整備することについての理由や方法論、またその必要性について学習します。
住環境学実習 高齢者・障害者が在宅生活で直面する物理的なバリアを把握し、それを取り除くための基本技術を修得するとともに、個々の整備内容を伝える手段を身につけます。
地域リハビリテーション 地域リハビリテーション、介護保険制度等について他分野と関連づけて学習します。
運動生理学 体力について運動生理学的な面から理解するとともに、トレーニングの理論的背景について学習をします。
臨床研究 理学療法に関する修学の総まとめとして、各自が研究テーマ、計画の立案、データ収集、統計処理、考察といった一連の実践を通して研究論文としてまとめます。

専門関連分野

科目名 内容
レクリエーションI・II 小グループでレクリエーション活動を研究し、練習した内容を福祉施設での慰問として発表します。
基礎研究活動I・II 小グループで教員の指導の下に研究テーマ、計画の立案、データ収集、統計処理、考察までの一連の流れを経験します。

臨床実習(専門分野)

理学療法学科・作業療法学科では、
・ 早期体験実習I・II(2年次)
・ 評価実習、臨床実習I(3年次)
・ 臨床実習II・III(4年次)
と、合計6回(7ヶ月)の実習を行い、現場でのコミュニケーション能力、評価法、治療法など、患者と接するためのトータルな知識・技術を身につけます。

臨床実習(専門分野)