ホーム › 学校紹介 › 沿革

沿革

本校は、昭和31年に初代校長 大熊久次郎によって創立され、あん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師の養成施設として多くの医療人を輩出してきました。

平成12年には鍼灸科・柔道整復科も新設し、現在の校名「四国医療専門学校」となりました。一方、1997年(平成9年)には理学療法士・作業療法士を養成する「四国リハビリテーション学院」を開校し、西洋医学の分野での医療人の育成も行ってきました。

そして、平成18年に「四国医療専門学校」と「四国リハビリテーション学院」は統合。更に平成19年に看護学科を、平成21年にスポーツ医療学科を新設し、7学科を有する総合医療専門学校になりました。西洋医学と東洋医学、お互いの優れた面を見ながら、広い視野を身につけていくことを願っています。

戦後の医療の歴史と共に歩み続けた50年

1956年(昭和31年) 「香川県指圧学校」を高松市今新町に創立
1958年(昭和33年) 厚生大臣よりあん摩マッサージ指圧師養成施設として認定
1960年(昭和35年) 厚生大臣よりはり師・きゅう師養成施設として認定
「香川県指圧鍼灸専門学校」と校名変更
1971年(昭和46年) 高松市藤塚町に校舎移転
1976年(昭和51年) 専修学校・医療専門課程として香川県知事認可
1979年(昭和54年) 「四国鍼灸専門学校」と校名変更
1992年(平成4年) 綾歌郡宇多津町に校舎移転
1994年(平成6年) 「学校法人大麻学園」として香川県知事認可
1997年(平成9年) 「四国リハビリテーション学院」(理学療法学科・作業療法学科)開校
2000年(平成12年) 鍼灸科・柔道整復科を新設、「四国医療専門学校」と校名変更
2006年(平成18年) 「四国医療専門学校」と「四国リハビリテーション学院」が統合し、新生「四国医療専門学校」誕生
2007年(平成19年) 看護学科を新設
2009年(平成21年) スポーツ医療学科を新設

初代校長 大熊久次郎
初代校長 大熊久次郎